ハワイ在住者のためのライフプランのお話【役に立つ保険の専門用語】

 06/21/2019

皆さんは、加入している生命保険の内容を覚えていらっしゃいますか? 専門用語は、日本語で聞いてもよくわからない場合がありますから、英語ならもっとわからないのではないでしょうか?

 

保険料(PREMIUM)  

保険料とは保障を得る為に契約者が保険会社に支払う料金です。保障の対象になる被保険者の保障の内容、年齢、性別、健康状態により保険料は異なります。

 

契約者(OWNER)  

保険を契約する人及び保険料を支払う人。

 

死亡保険金(DEATH BENEFIT)  

被保険者が死亡した時に支払われる保険金です。

 

給付金(BENEFIT)  

給付金は入院や手術などで被保険者の生死以外の理由で支払われるものです。癌と診断され、一括で支払われるタイプや入院して日額が契約した金額で支払われます。

 

解約返戻金(CASH SURRENDER VALUE)  

終身保険は保障を得ながら、貯蓄ができるタイプです。 途中で解約すると解約返戻金が受取れ、契約期間が長ければ、長いほど額も大きくなりますので、急にお金が必要になった場合、大変助かります。

 

特約(RIDER)  

保険には主契約とか特約という呼び方があります。生命保険は被保険者が亡くなって、保険金が受取人に支払われるものですが、最近の生命保険には特約として長期介護を付けることが出来ます。別々に加入する事も可能ですが、経費を削減したい方はセットになっているタイプに加入します。しかし気をつけなくてはならないことは主契約の生命保険がなくなると、同様に特約もなくなってしまいますので、将来のことを考えて、選ばなくてはなりません。

 

解約手数料(SURRENDER CHARGE)  

契約ごとに異なりますので、保険解約にかかる手数料をしっかり把握して、保険に加入してください。  加入したときは説明を受けて理解したつもりでも、何年か経ってしまうと記憶も薄れてきますので、ご自分でメモ書きをすることをお勧めします。保険は新商品も出てきていますので、見直しはアップデートの情報を得る良いチャンスです。保障期間が思っていたより短かったというケースもありますので、手遅れにならないよう、早めの見直しをお勧めします。

 

 

 


横江和子

親の介護がきっかけで、アメリカの長期介護や年金に興味を持ち、保険のライセンスを取得。配偶者がメディケアのパートDのペナルティーを生涯払い続けることになり、メディケアの分野を習得し、色々なシニアの医療保険会社の資格を取り、皆様のニーズに合ったプランをご紹介しています。

 

シニア医療保険スペシャリスト

問合せ先:yokoem001@hawaii.rr.com


 

 

 

(日刊サン 2019.06.21)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事