ハワイでの終活vol.8; 介護予防〜健康寿命の伸ばし方

 08/05/2019

転倒‗ハワイでの終活

ハワイでの終活vol.8 介護予防〜健康寿命の伸ばし方

 

自立した生活、ADLとは

 

日本もハワイの日系社会も高齢化が加速し、シニア世代はいかに健康寿命を伸ばし、自立した生活が営めるかが大きな課題となっています。「ピンピンコロリが目標だね」と、体操やウォーキングに励んでおられる方も少なくありません。

 いかに要介護や寝たきりにならず、介護予防ができるかは、①『ADL(Activities of Daily Living)=日常生活動作』を維持・向上させること、②元気なうちに心身の機能を維持・向上させ、生きがいのある生活、社会参加できる生活を保つことにあります。また、栄養バランスの取れた食生活や水分補給なども大切です。

①のADL日常生活動作とは、起居(寝る起きる)動作、移乗(階段や乗り物の乗降)動作、移動(歩く、走る)動作、食事・更衣・排泄・入浴・整容(みだしなみ)動作など、日常生活を送る上で最低限必要な動作のことです。

 ADL日常生活動作が低下すると、活動性や積極性も下がり、社会参加の機会も少なくなります。生きがいや役割を見出せなくなると家に閉じこもりがちとなり、ますます身体的、精神的機能を衰えていきます。やがて自立度が低下して、介護が必要となり、転倒骨折などが原因で寝たきりになってしまいます。

②は、ADLは支障なくこなせる元気なシニアの介護予防です。体の機能としては、転倒予防・骨折予防のために下半身、足先から腰までの筋力トレーニングを取り入れること。精神面では、生きがいづくりや社会参加でイキイキとした毎日を送るよう心がけたいものです。

 

アダルトデイケアのサクラハウスへ

日系アダルトデイケアのサクラハウスを訪ねました。ここでのプログラムは、介護予防のためにさまざまなアプローチをしています。それらは読者のシニアご自身、シニアの家族がおられる方にも大変参考になる内容なので、『サクラハウスの一日』として紹介します。

 案内してくれたのは、サクラハウスの松岡裕也ディレクターです。

 

🌸7:30 オープン&朝食

 サクラハウスは 7:30 にオープン。

「時間にはゆとりをもって、朝の体操までには皆さんが揃うようにしています。その間、朝食とお飲み物をお出ししています。飲み物を飲んでいただくことはとても大切で、シニアの方はのどが渇く実感が薄れがちなので、朝から夕方のまでに計1.5ℓの水分を取っていただくよう、随時飲み物をすすめます」

 水分を飲み忘れ脱水症状になると、ストロークなどを起こしやすいので、こまめに飲みたい。

「血圧や体温測定をして、体調のチェックもします」

 

🌸9:15 朝の体操

「座った状態と立った状態の体操を行います。この体操は転倒防止のためにバランス感覚や身体機能の向上を目的として行っています」

 また、加齢とともに関節の可動域が減り、痛みを伴うことも多くなるため、リラックスしながら関節を動かすことでリハビリ効果も得られます。

(体操は後半、フィジカルセラピスト井元洋平さんのレジスタンス運動を参考にしてください)

「体操後は、フルーツとスナックとお水を提供します」

 

🌸9:45 ゲーム

  

「サクラハウスではたくさんのゲームをご用意しています。ゲームはちょっとした競争形式になっています。そうすることでゲームを通して、皆さんに良い刺激を与えたり、社交性を養うことができます」

 ゲームをしているうちに表情がほぐれ、歓声をあげたり笑ったり。笑うと、免疫のコントロール機能を司っている間脳に興奮が伝わり、ガン細胞やウイルスをやっつけるナチュラルキラー細胞が働いて免疫力を高めてくれます。

「サクラハウスに通うようになって、家の中でもよく笑うようになったと報告してくださるご家族も多いです」

 

🌸10:45 勉強

「脳を活性化するためには、考える、挑戦する、判断するなどの行動が良いと言われています。講師を招いて生け花、習字、計算、間違い探し、スゴロクなどを行い、脳の活性化を図り、脳機能の低下を防止していきます」

 

🌸11:45 昼食

ランチ風景@サクラハウス  

「栄養のバランスや嗜好を考慮し、栄養満点の日本食をお出ししています。

皆さんからもおいしいと評判のお弁当です」

 一人暮らしや、家族と同居していても日中は一人で過ごすシニアは、どうしても手軽に食べられるお茶漬けやパンですませてしまいがち。肉や魚のタンパク質、野菜のビタミンミネラルが不足するので、意識して食べるようにしましょう。宅食サービスをしている『おおきにおにぎり』などの利用も便利です。

 また認知症が出ると食事の記憶が飛んだり、嗜好の変化などがあるので注意をしてください。

 

🌸12:45 午後の体操

 食後の休憩ののち、午後は座った状態で体操をもう一回。

 

🌸1:00 昼食後のアクティビティ

1 2 3

関連記事







その他の記事