ハワイでの終活vol.3;ハワイのお葬式、気になる費用

 03/14/2019

-- 日本に比べて葬儀費用が低いといっても、教育資金、住宅の購入などのライフイベントと同じく、まとまったお金がかかるので、あらかじめプレプランニング(事前準備)をしていくことが肝要ですね。

 そうです!生前購入した葬儀プランの料金は据え置きで、さらに生前購入ですとディスカウントも適用されますし、2.9%という低い金利で60回までの月賦分割払いもできます。

 

-- 生前購入した場合のみの割引とはどういうことです

か?

 お亡くなりになってからの購入ですと、一切ディスカウントも適用されません。そして、お葬式や火葬などは、料金を全額支払った後でしか実行されません。生前購入をされていない方で、遺産に現金など流動資産がない場合は、ご遺族が一括でお支払いする事になります。また、一人暮らしでご家族がいない方は、生前プランを購入しておけば、亡くなった後の病院からの搬送など葬儀社がやってくれますから、万が一の心配をせずに、安心できると思います。

 

-- 日本人がハワイのお墓や葬儀を事前購入される“リゾート葬”もこれから注目されそうです。

 大自然に抱かれ、明るく穏やかな気候の中で永眠できたら平安な気持ちになれますよね。人生の卒業式を大好きなハワイで行う--。ハワイでウエディングをするように、ハワイでエンディングをする“リゾート葬”、日本からの見学者の方もお迎えしています。日本でも、墓地や墓石は課税対象ではありませんので、残された親族がハワイのお墓を継ぐ際も相続税の対象にはなりません。なので相続税を支払った後にお墓を作るより、生前にお墓を購入した方が節税にもなります。

 終活を始めたばかりの方やもっと詳しくお話を聞きたいという方のために、終活セミナーを開催しますので、ぜひお越しください。

 

(取材・文 奥山夏実)

 

この記事は2019年2月時点の情報に基づいて記載しています。

1 2

関連記事







その他の記事