世界リトルリーグチャンピオンを祝う 祝賀パレード

 09/22/2018

ホノルルのダウンタウンの主要な通りは閉鎖され、黄色いレイと青いライトを灯した警官が先導し、赤と金色のサッシに輝く白いユニフォームのロイヤル・ハワイアン・バンドが行進し、人々はキングストリートの歩道を埋め尽くし、2018年ワールドシリーズチャンピオンになったホノルル・リトルリーグ・オール・スターズの栄誉を祝福した。14人のチームメンバーと3人のコーチを乗せた真っ赤な消防車は、タマリンド・パークからホノルル・ハレまでの数ブロックを行進し、バンドがクイーンの 「伝説のチャンピョン」を演奏する中、チームメンバーは輝いていた。

 

ハワイがリトルリーグワールドシリーズで優勝したのは、2005年のエバビーチ、2008年のワイパフに続き、3度目である。 今年のチームは、8月26日ペンシルベニア州サウス・ウイリアムズポートでの決勝戦で韓国を3-0で下した。パレードの後のホノルル・ハレの芝生では、バンドが演奏し、人々は地元企業からの差し入れの食事を楽しみ、リトルリーガーたちは淡々とサインに応じていた。イゲ知事は、「謙虚さとアロハの大使になってくれたことに感謝の意を送る。しかし、最も重要なことは、ハワイの私たちがチームと一体になろうとした心・精神を代表してくれたことで、これを深く感謝したい」とスピーチ。 コールドウェル市長も、同チームが努力と集中の大切さを示したと賞賛した。「優勝を常に目指していた。そして、チームとして努力し、お互いを支え、小さな細いチーム員が『魅力的な巨人(Big Sexy)』になった。」Big Sexyはカリスマ・プレイヤーのショーン・ヤマグチのニックネームである。

 

(日刊サン 2018.09.22)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事