ワード・ビレッジで初めての「完売」

 11/24/2018

カカアコのワード・ビレッジで初めて「完売」が宣言された。 開発業者のハワード・ヒューズ社(テキサス州)は、11月6日の四半期財務報告で、完成間近の高層コンドミニアム・タワー「アエオ」の全てのユニット、465戸、が完売したと報告した。 このタワーには、最近オープンしたホール・フーズが入居している。住居部分の完成は年末の予定である。 今年の6月30日までに、464戸が販売されていたが、7月〜9月に最後の1戸が販売され、「アエオ」はワード・ビレッジで初めて完売となった。 しかし、他の「アナハ」「ワイエア」「ケ・キロハナ」の3つのタワーは若干の戸数が未成約で残っている。 9月30日現在、1年前に竣工した「アナハ」で317戸のうち314戸が、約2年前に完成した「ワイエア」では174戸のうち167戸が売却済である。 建設中で来年竣工予定の「ケ・キロハナ」では、10月末現在423戸のうち413戸(98%)が売却済となっている。 1月に販売開始された5棟目の「アアリイ」は、10月に建設が開始され、10月末現在、771戸の内579戸(77%)が売却済となっている。

 

これら5棟全体では、全ユニットの89%、1,905戸、が既に販売されている。 同社は、ワード・ビレッジのコンドミニアムの販売は第3四半期も引き続き好調を維持しており、需要は底堅い、コメントした。 同社は、「コウラ」と呼ばれる第六のタワーの建設を予定している。州の建設許可は8月に下りたが、販売はまだ始まっていない。 ほとんどのワード・ビレッジのコンドミニアムは100万ドルの価格が中心であるが、カカアコの開発を監督している機関の要請により、住宅戸数の20%をアフォーダブル住宅として低所得者用に提供することになっている。 高価格のコンドミニアム・タワーの「ワイエア」の売出価格は一戸当たり平均360万ドル、低価格のコンドミニアム・タワーの「ケ・キロハナ」の平均価格は51万776ドルであった。 州政府が承認した計画によると、ヒューズ社は、16棟のタワーに約4,500戸の住宅と100万平方フィートの小売スペースを建設できる。

 

 

 


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事