ホノルル市議会予算委員会、バス運賃の引き上げを検討

 01/26/2019

ザ・バスとザ・ハンディ-ヴァンの料金が今年後半に引き上げられるかもしれない。

 

1月23日の市議会予算委員会は、コバヤシ議長提案の77号法案(2018)を採択し、バスの片道運賃を 2.75ドルから 3ドルに、一日乗車券のパスを 5.50ドルから 6ドルに、月間パスを 70ドルから80ドルに、年間パスを770ドルから880ドルに引き上げる案を可決した。同法案によると、高齢者IDカードを持っている65歳以上の利用者のシニア・パスを月額6ドルから8ドルに、年間パスを35ドルから45ドルに引き上げる。シニア用の一回乗車券と一日乗車券の運賃はそれぞれ1ドルと2ドルに据え置かれる。

 

ザ・ハンディ・ヴァンの運賃は、片道2ドルから2.25ドルに引き上げられる。パラトランジットのIDカードを持っている乗客に対しては、ザ・バスの利用を奨励するために、その年間パスの価格を35ドルから10ドルに引き下げる。ユース向けのバス運賃は変更なし。

 

予算委員会は、同法案を採択したが、市議会の議決には付託しないことを決めた。代わりに、予算委員会、コールドウェル市長、一般市民が、時間をかけこの法案の内容を検討し、非常に低い所得の利用者を支援するプログラムを検討することになる、と予算委員会マナハン委員長は述べた。

 

コールドウェル市長は昨年、ザ・バスとザ・ハンディ-ヴァンの運賃引き上げを提案したが、その上げ幅が大きいこととシニア・障害者への配慮が足りないとの批判を浴び、その提案は否決された。そして、10月に前議長のマーティン氏がコバヤシ案の原案を提案した。コバヤシ議長は、このマーティン案の大人運賃プランをそのまま残し、セニア向け運賃引き上げ幅を圧縮した案を提案した。

 

バス運賃は2018年1月1日に引き上げられたが、パラトランジット運賃は2001年に1.50ドルから2ドルに引き上げられたままである。運輸サービス局は、コバヤシ案を支持しているが、準備の関係上、引き上げ実行日は7月1日になる、と述べた。

 

 

(日刊サン 2019.01.26)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事