ハイカーに救助費用弁済を義務付ける法案が審議中

 03/09/2019

トレイルを外れ遭難し救助されたハイカーに、救助費用の弁済を義務付ける法案が州議会で審議されている。

マイク・ギャバード上院議員(民主)が提出した上院法案248号は、立入禁止を無視してトレイルに立ち入ったハイカーに対し、捜索救助費用に加え、500~1,000ドルの罰金を科す内容である。罰金は、最初の違反で500ドル、2回目で750ドル、3回目以降で1000ドルである。同法案は2月初め上院公安・政府間・軍事委員会で審理された。今後、司法および歳入の委員会での審議の後、本会議で採決される。

 

ギャバード氏は、ソーシャル・メディアの影響で危険な立ち入り禁止地区に立ち入ろうとするハイカーの数が増えており、この法案はその阻止に役立つだろう、と述べた。

州土地・天然資源局のスザンヌ・ケース局長は、書面による証言でこの法案を支持したが、「罰金を伴わない法案は抑止力にならないが、反対に罰金が救助要請を躊躇させる可能性もある」との懸念を表明した。ホノルル消防局は意見を議会に提出しなかったが、ケース局長と同じ懸念を理由に法案に賛成していない。

ホノルル市警特別サービス課のスティーブン・ジェロナ警部は、警告を無視したハイカーの捜索救助費用の回収が可能になると述べ、同法案を支持した。

 

ローラ・ティーレン上院議員(民主)は上院法案1068号を提案した。同法案によると、オアフ島で救助されたハイカーの数は2006年から2016年の間にほぼ3倍になったとのこと。カルバン・セイ議員(民主)は別の法案を提出し、破壊行為を防止し、ハイカーを支援するために、人気の高いハイキングコースに管理人を置くことを提案している。

(日刊サン 2019.03.09)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事