タートル・ベイ・リゾートが 市民農園を提供

 07/27/2019

ノース・ショアのタートル・ベイ・リゾートは、同リゾート地に隣接する敷地に、従業員、地元住民、地域団体(NPO、学校を含む)用の市民農園を提供している。 30ある区画の1区画の大きさは縦50フィー/横10フィートで、月10ドルの賃貸料と年50ドルの維持費を払えば賃貸することができる。

 

保証金も必要だが、解約時に払い戻しされる。 各区画には水路が繋がれ、利用者は道具、種子、植物の苗等を各自用意する。 この内の10区画は、同リゾートと地元の農業管理会社のポノ・パシフィック社が選ぶ地域団体に賃貸される。

 

他の20区画の内、10区画は地域住民用、10区画はタートル・ベイの従業員用で、抽選で選ばれる。抽選申込期限は7月24日。抽選についての情報、申し込みは、turtlebaycommunitygardens.orgまで。 開園は8月の予定で、ポノ・パシフィック社が管理する。

 

市民農園の広さは、1万5千平方フィートで、同リゾートが山側に所有する468エーカーの農地の一部である。同リゾートは2016年、陸軍、州、市から600万ドルを受け取る代わりに、この農地を永続的に農業用途として使用することに合意した。

 

この農地の開発基本計画では、大規模農地の商業農家への賃貸、安全認定された食品の加工施設の建設、大規模なファーマーズ・マーケットの設立、農場労働者住宅の建設、が計画されており、同事業を「タートル・ベイ・クイリマ農場」としてブランド化する予定である。

 

 

(日刊サン 2019.07.27)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事