カピオラニ通りの午後の逆走レーン、左折可能箇所を複数設置

 04/27/2019

市当局者によると、4月22日からコーン(道路に置かれた円錐形の標識)による午後の逆走行レーン(contraflow)設置が再開され、カピオラニ通りの複数の交差点で左折が出来ることになった。

 

しかし、アトキンソン・ドライブへの左折はできない。 市当局が昨年7月、元市議会議員のトレバー・オザワ氏の要請により、カピオラニ通りの逆走レーンからマカリー通りとアトキンソン・ドライブへの左折をテストした結果に基づいた変更である。

 

この変更により、カピオラニ通り逆走行レーンの交通渋滞が改善されると期待されている。

4月22日から始まった規制は下記の通り

●カピオラニ通りを西に向かう場合、マカリー通りを左折しワイキキに入ることができる。

●カラカウア通りを山側に向かっている場合、カピオラニ通りを左折することができる。

●カピオラニ通りを西に向かう場合、アトキンソン・ドライブへの左折は禁止。

●カピオラニ通りを東に向かっている場合、ケエアウモク通り、カヘカ通り、マカリー通りを左折することができる。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事