【日刊サンコミュニティニュース】J♥センターが一周年記念総会を開催 「ひとりひとりのボランティアに感謝」イング清子会長

 02/07/2020

 

 

 去る1月25日(土)カカアコのIMPACT HUBでNPOジャパニーズ・コミュニティ・サポート・センター・オブ・ハワイ(J♥センター)の発足一周年記念総会が開かれた。

 

河野博仁領事による挨拶

 J♥センターはハワイに暮らす日本人のサポートを目的とするNPO団体だ。この日は在ホノルル日本国総領事館から河野博仁領事、国際弁護士の大塚純介氏、リーガル・アシスタントの石野恵子さんらが出席。新役員の就任式の後、バーフィールド・のぶえさんによるお茶会でお点前が披露された。

 

 

バーフィールドのぶえさんによるお茶が全員に振る舞われた

 

 J♥センター会長のイング清子氏による挨拶では発足からこの日までの1年間の苦労、発足からの役員、メンバーへのサポート、ボランティアへの感謝を述べた。昼食会に続き大塚弁護士の講演で会は終了した。

 イング清子会長は「このクラブのハート、ソウルは、成功しようという考えでいるわけでなく、お互い日本人としてハワイに暮らしてよかったな、ひとりじゃないんだ、という思いになれるように、ということでスタートした集まりです。なんとか続けていけるようにと全員でこの1年がんばってきました。J♥センターはたくさんの皆さまによる寄付と、約70名の皆さまの会員によって成立しています。一人一人の皆さまに感謝の言葉を述べたいと思います」と挨拶した。

 

大塚弁護士の講演に聞き入る参加者の皆さん

 

 この日は大塚純介弁護士が「高齢化社会でのサバイバル方法」について講演。仕事を辞めた後は、自分の現役の時の地位や役割に変わる目的や労働が必要。「新たな生きがい」を見つけることが高齢化社会を生き延びるためのサバイバル方法だと説明。「社会と、そして人と関わり合う事が必要。人生100年、生涯現役だと思って仲間を作ることです。今後の高齢化社会に向けて、J♥センターのような活動に参加することの意義を強調。ボランティアあるいは趣味などの活動を通じて共同作業するなかで他人と関わりあうことが大切」と強調した。

 

 

大塚純介弁護士の講演

 

 J♥センター2月以降の予定は2月22日(土)13時30分~15時、大塚純介弁護士講演。3月28日(土)内容未定。参加希望は808-226-2934まで。

(取材・文 鶴丸貴敏)

 


 新役員は以下の通り

会長:イング清子 

副会長:鈴木栄一、バーフィールドのぶえ、西村ちえ

会計:エクルス由美子

書記:熱海芳雄

書記アシスタント:柴田羊子


(日刊サン 2020.2.5)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事