【コミュニティ発信ニュース】日本スポーツ・ウェルネス吹矢協会 新春吹初め大会を楽しむ

 01/22/2020

 

 

 日本スポーツ・ウェルネス吹矢協会ハワイ総支部(代表齋藤譲一)は、1月11日(土)、アイエア大平寺で、新春吹初め大会を開催した。参加者40名は干支の「ねずみ」を型どった特製の的を目がけて元気一杯矢を吹き放ち、新年の幸運を祈った。

 

 

 今回のトーナメントは「階級別個人戦」で、各クラスの優勝者は以下の通り。

○1級(7メートル)  カワウチ・カル氏(夜間部)

○初段(8メートル)  田中ジーン氏(パロロ支部)

○2段(9メートル)  ウォン・テリー氏(夜間部)

○3段以上(10メートル)  田中カール氏(パロロ支部)

 

 大会終了後は白玉ぜんざい、マナプア、マラサダ、みかんなどが振舞われ、楽しい相互交流の場をもった。

 

 

 今年の11月に日本で開催される「全日本吹矢大会」に、ハワイ代表として2名が招待されることが決まっている。今年3月、6月、8月に勝抜き戦が予定されており、選抜者を目指して激戦が期待される。

(齋藤譲一)

 

スポーツ吹矢に興味のある方、大歓迎!

電話(808)526-9317へどうぞ

 

(日刊サン 2020.1.17)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事