「メイド・イン・ハワイ・フェスティバル」の 参加者が減少

 09/07/2019

8月16日から18日まで開催された「メイド・イン・ハワイ・フェスティバル」の入場者数が、他の競合イベントの影響で、約1万人減少した。主催者は、「過去最高の人出」を予想していたが、入場者数は5万人であったと思われる。 隣のブライズデル・コンサート・ホールではこの期間、ブロードウェイ・ショーの「オペラ座の怪人」が5回公演された。

 

8月17日には、アロハ・スタジアムでダラス・カウボーイズとLAラムズのプリー・シーズン・マッチがあり、推定4万5千人のフットボール・ファンが訪れた。 主催者は、「駐車スペースが見つからなかったとの苦情もあったが、フェスティバルは大成功であった」と述べた。 この3日間に420の出展者が100万ドルを売上げ、イベント後の売上は1千~1千200万ドルに上ったと推定される。

 

 

 

(日刊サン 2019.09.07)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事