Study in Hawaii|ハワイで学ぶ 文部科学省指定の教科書をいまから手に入れたい方が知っておきたいこと

 02/04/2020

お子さんがハワイの学校に通っている、自身がロミロミのなどの資格取得をめざしている…小中学校から大学、専門学校と、ハワイの教育機関は実に多彩。日刊サンではバイリンガル教育をはじめとする、“学び”の特集をしています。

 

文部科学省指定の教科書を いまから手に入れたい方が知っておきたいこと

 

 先週のレインボー学園稲田和良校長のインタビューにあったように、日本国籍を有する子女は、領事館に申し込めば教科書を無償で受けとることができる。無償ということは国費を使うことになるわけで、したがって日本国籍が必要となるのは当然だ。ちなみに、レインボー学園に通う子女は、学校を通して配布されるため、申し込みは不要とのこと。

 

 在ホノルル日本国領事館の教科書担当フインさんによると「ハワイ州内に滞在する日本国籍の学齢児童生徒(日本の義務教育学齢の児童生徒)の方に日本の教科書配布を行っています。教科書受領には期限内に申込みをすることが必要です」とのこと。では、いまから申し込みたい! と思えど「2020年度前期教科書申し込みは締め切りました」とあり、2020年後期の申し込み(2020年4月頃に募集の予定)を待つしかない。ちなみに前期後期で申し込めるのは小学生のみ。中学生は前期1回のみの申し込みで、すでに受付は終了している。

 

 

 

 もう、いまから教科書を手に入れることはできないのだろうか?  

 ひとつは領事館が代行受け付けをする「教科書追加申込制度」を利用するという方法だ。たとえば2020年前期分もこの制度を利用すれば、送料が別途必要だが右表で紹介した指定教科書であれば無償で手に入れることが可能。詳しくは領事館に「教科書追加申し込み制度について」としてお問い合わせを。

  https://www.honolulu.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/ryoji_shijo03.html  

 

 もうひとつが購入だ。領事館が購入の連絡先としているOCSホノルル代理店に話を聞いた。

「私どもOCSはオーバーシーズ・クーリエ・サービシズといいANA系列の会社で、クーリエサービス全般や新聞・雑誌購読受付を行っています。その中で、日本の文部科学省認定の教科書の販売代行や、勉強のための問題集参考書の販売代行業務も行っています。ひとつお断り申し上げたいのは私どもは本屋ではありません。オフィスに教科書の在庫はなく、すべてお申込みによる日本からの取り寄せとなり、およそ1カ月でお手元にお届けいたします。ですので、オフィスに来られても購入することはできません。教科書は学年、教科によって異なりますが、多くのものが送料込みで1冊$10以下になっています」という。気を付けておきたいのが、申し込みタイミングだ。

「お申込みには学校名、教師名が必要。もちろん現地校のものでOKです。上巻(前期分)は毎年3月以降、下巻(後期分)は9月以降の受付となります。それ以前にご連絡をいただいてもお受けすることができません。前年度のものであればお受けできます。お客様の中には内容の改訂がないことを事前にお調べになっていて、ご注文いただくことがありますよ。また、レインボー学園で配布しているもの以外にも、すべての出版社の指定教科書を取り寄せ可能です」とのこと。注文教科は圧倒的に国語や算数が多く、そのほとんどがレインボー学園や領事館で配布するものと同じだが、領事館やレインボー学園で配布する以外の教科書ももちろん取り寄せ可能。その際は「出版社名、教科書名、学年などをお知らせください」とのことだ。また、ドリルなどの問題集などの注文も多い。教科書オーダー自体の数は決して多くないものの、毎年継続しての注文する方や、家庭教師から全学年全教科の注文、また、地図帳や音楽、習字などの教科書のみという方もいるとのこと。「出版社名、教科書名などはお調べの上、お問い合わせください」とのこと。また、支払いについてだがお支払いはチェックのみになっていて現金クレジットカードは不可だ。

 

 

 

 OCSホノルル代理店ではベネッセコーポレーションの「こどもちゃれんじ」も申し込み可能。ただし、こちらは「ベネッセのホームページから申し込み書をダウンロードし、そちらをご記入の上お申込みください。」とのこと。

 

 

 

 

 

お話いただいたのは、OCSホノルル代理店のTAMAMI YAMAKIさんと社長のDonn A. Tanakaさん。

(取材・文 鶴丸貴敏)

 


OCS ホノルル代理店 1023A Kawaiahao St.

【電話】808-596-2106

【営業時間】月曜~金曜9:00~ 18:00 

【休業日】土・日曜 祝日

【Eメール】 ocshnljp@hawaiiantel.biz

 

(日刊サン 2020.1.31)

 


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事