本場ニューヨークのキャバレー “昭和歌謡”ショー をハワイの皆様へ

 10/18/2019

「舞台って観ているより、演じている方が絶対に楽しいと思うわけですよ」と熱く語るのは、トシ・カプチーノさん。エンターテイメントの本場、NYで活動すること24年。演劇評論家として活躍する傍ら、日本のパフォーミング・アーツを受け入れるプロデューサーとしての顔を持つ。ブロードウェイの舞台を、毎年100本以上観続けることで培ったセンスが最大の武器だ。

 

自己否定に溺れた二十代

歌手になることが子供の頃からの夢だった。17歳で『スター誕生!』の福岡大会で優勝し、決勝戦まで進むも、スカウトはされなかった。高校卒業後も歌手になる夢を諦めきれず、上京。クラブ歌手として、六本木のディスコやナイトクラブ、さらには米軍基地でも歌った。

 

同性愛者であることを隠しながら、「バレると狙われるんじゃないか、差別されるんじゃないか」と常に怯えてステージに立っていた。そんな自己嫌悪の日々の中で拍車をかけるように、客席からビール瓶が飛んできた。そして、25歳の時、歌をやめた。

 

ブロードウェイとの運命的な巡り会い

転機はバブル崩壊直後。理想の外国人を求めて新宿二丁目の外専バーに通い詰めいていたが、バブル崩壊とともに、出会いは激減。「ああ、もう東京ダメだな」と感じ、一番いい男が集まると言われていたNYへ。

 

憧れの街で、同性愛者が公で恥じることなく堂々としている姿を見て、「もう、ここに住むしかない」と決意した。 運良く、すぐにパフォーミングアーツのプロモーションを手がける日系の演劇会社で社長のアシスタントとして働き始めた。

 

「ミュージカルには全然興味が無かった」というが、「性癖に関係なく誰もが一流の俳優になろうと頑張っている姿に感化されて、もう一度歌おう、と思った」 2005年、最初に手がけた演出は、NYでポピュラーだったキャバレー。

 

オフブロードウェイで行ったショーは2回公演とも満席だった。しかし初回はご祝儀公演だったようで、それ以後の公演は空席だらけ。ショービジネスの厳しさを思い知った瞬間だった。その後もショーを継続していたが、覚悟を決めて、本格的にショー制作にのめり込んでいくようになったのは2012年から。

 

ショーを作り始めた当初は、ただブロードウェイの曲を英語で歌うだけだったが、徐々にオリジナリティを加えていき、最終的には自ら脚本を書き、歌を作るまでに。「ショーの最中に、舞台に神様が降りてきたんですよ。そこから舞台は自分の天職だと悟り、人生の覚悟ができた」と当時を振り返る。

 

東京のキャバレーショーで歌うトシさん

 

さらなる挑戦へ

NYだけでなく、ボストン、トロント、シアトル、ポートランド、日本でも公演を成功させ、今年11月には、初公演となるハワイで、昭和歌謡ショーの開催が決まっている。

 

70年、80年代の昭和を代表する名曲のいいところだけを集めた内容で、「ブロードウェイを見尽くした僕のフィルターを通して作り上げたショーなので、切り口が違う。昭和歌謡をニューヨークスタイルの演出で観せるので、最後まで全く飽きさせません」と自信を見せる。

 

衣装もとにかくお客様に楽しんでいただけるように工夫しており、ショーの合間に衣装替えもするこだわり。昭和歌謡を知っている世代はもちろん、知らない若者でも一級品のエンタメになっている。

 

今後の目標は、紅白歌合戦に出場すること。「何か成し遂げた姿を母に見てほしい」。2021年の紅白出場を目標に、来年は、台湾、香港、オーストラリアでショーを行う予定だ。また、地元、福岡ソフトバンクホークス戦での国歌独唱や、ブラジルでのジャパンフェスティバルにゲスト歌手として招待されるなど、着実に夢に向かって前進している。

 

「絶対にやめちゃいけない。人生は長くないから、継続するべきですよ。ショーの中にも、そのメッセージは感じていただけると思う」            

 


トシ・カプチーノのニューヨーク・キャバレーSHOW

夜のチョットスタジオ ザ・昭和歌謡 ハワイ公演

日時:11月7日(木) 開演7pm (開場6pm)

場所:Jazz Minds Honolulu 1661 Kapiolani Blvd.

料金:40ドル(1ドリンク別途要)

予約:808-499-7729   

toshicappuccino@gmail.com

 お問い合わせ:TKOエンターテイメントInc.  347-256-4107


 

日刊サン読者プレゼント  〆切 10月27日

トシ・カプチーノのニューヨーク・キャバレーSHOW 夜のチョットスタジオ ザ・昭和歌謡

ハワイ公演 チケット

1 2

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事







  • 日刊サンのおすすめサロンのページへ
  • 日刊サンのおすすめレストランのページへ

よく読まれている記事

ニュース一覧