サウンディングジョイミュージックセラピー代表 梶原恵子さん

 08/24/2012

今の私に出来ることを一つーつしていくだけ

今は9月と来年の2月にあるKANI KA ‘OLIのプロジェクトを成功させることが一 番の目標です。

 

9月9日は歴史的な意味も持つミッションハウスミュージアムのきれいな芝生の中庭で、シャンパンブランチと 音楽療法をサポートしてくださるボランテ ィアミュージシャンの奏でる演奏とで、ハワイらしい素敵なコンサートになり、他にはない経験が出来るはずです。

 

また、今年はサウンディングジョイの設立10周年にもあたり、是非皆さんに参加して楽しんでいっていただきたいと思います。

 

皆さんには来ていただくだけで、資金面での助けにもなるのですが、それ以上に私たちのやっていることに理解を示していただき、 活動を支えてくださる意味合いで、大きな励みにもなります。

 

まだチケットはあるので、多くの皆様に来ていただきたいのと同時に、サイレントオークションの商品の提供や、団体のスポンサーやボランティアも平行して募集しています。

 

そして今後の大きな課題の一つとして、 音楽療法が保険適用されることです。他の州では音楽療法士が州のライセンスとなっているのですが、ハワイ州ではまだライセンス化されていないこともあり、保険にも適用されません。

 

3年位前からハワイ州で音 楽療法士が州のライセンスになるように運 動をしています。

 

それからもうーつの課題が、ハワイで音 楽療法士の勉強が出来るようになることです。現在はパシフィック大学で、音楽療法土の入門コースはあるのですが、ここの勉強だけでは音楽療法士にはなれません。

 

なのでハワイの人たちが地元で勉強できるようになることが、2つ目の課題です。

 

そして今、日本でも音楽療法の団体を設 立すべく動いています。最近日本からのご相談が多く、またこ自分で調べてハワイまで療法を受けに来る方も増えて来ました。

 

日本でもまだまだ音楽療法が確立されていないようで、認識も間違っていたりするので、ハワイで始めたときのように、まず日 本でも音楽療法とは何かを理解していただくことから始める予定です。

 

その足がかりとして、今年の11月に東京で音楽療法のセ ミナ一を開催することになっています。 皆さんの理解があった上で、私たちの活 動が成り立っていっているので、まずは日 本の皆さんにも、音楽療法を正しく理解していただきたいと思っています。

 

 


梶原 恵子(カジワラ ケイコ)

長野県出身。両親の強い希望で3才よりピアノを習い始める。桐朋学園大学音楽学部付属子供のための音楽教室終了後、東京 都立芸術高等学校卒業。ドイツのカールスルーエ国立音楽大学 にて音楽教育の修士号取得。ニューヨーク大学にて音楽療法の修士号取得、2000年からハワイに在住。2002年にSounding Joy Music Therapy, Incを創立し代表となる。

Sounding Joy Music Therapy, Inc. へのお問い合わせやご相談は
☎︎ (808) 593-2620
E-Mail: info@soundingjoymt.org
www.Soundingjoymt.org


 

 

(日刊サン 2012.08.24)

1 2 3 4

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事