ウォータークレス・ファーム オペレーション・マネージャー デービッド・スミダさん

 09/28/2012

古き良き時代のハワイに生まれアートに目覚めた青年時代。

「僕は、1949年9月アイエア生まれ。63歳。 すぐそこに建っている『パリモミ・ホスピタ ル』の場所に、昔『プランテーション・ホスピ タル』という木造の病院があってね、僕の兄弟姉妹は全員そこで産まれたんだ。その頃 はまだショッピングセンターもなかったの で、僕らの家はすぐそこ、シアーズの場所に あった。

 

家は鉄板でできた『かまぼこ型ハウス』 で、全員そこで育ったよ。僕は、ワルボウズ。 三男坊のラスカルさ(笑)。一日中ファーム の中を駆け回って遊んだもの。思えば、とて もいい時代に育ったよね。子供の頃からい つもファームの手伝いはしていて、おばあち ゃんが僕に与えた仕事はアヒルの世話と 掃除だった。結構なハード・ ワークだった ょ。」

 

「高校に入る前から、アートに興味を持ち 始めていてね。そんな目で世界を見ていた。 カレッジに入ってアートの授業を受けると 夢中になり、熱心にクラスを取ったものだょ。はじめは、コロラドにあるユニバーシテ ィー・オブ・デンバーヘ入学し、2年後にはUHにトランスファーして、彫刻を学んだ。

 

ハワイに戻って来てからは特に、精神的な 師となるような恩師たちに出会い、ブロン ズのキャストも出来たので、ますます創作 に没頭したよ。僕の創作物は、とても抽象的なデザインのものが多かったな。 1975年に5年かけてUHを卒業してから は、カーペンターになったんだ。彫刻では食べていくのが難しいと思ったのでね……。

 

僕のアートに関するフラストレーションは、ほんの一握りの裕福な人達だけが経済的に成功できて、多くの人たちは、アートだけではとても生活が支えられないということだった・・・・・・。 例えば、僕は彫刻に6ヶ月もの時間を費やすけれど、それでは結果、何も買う事ができない。そんな訳で、はじめはカーペンター の道を選んだんだ。」

 

 

ニューヨークで訪れた音楽への転機今はファームと音楽、どちらもディープに

「1978年にニューヨークヘ遊びに行った 時、大きな転機が訪れた。パンク・ミュージ ックのバンドをいろいろなクラブで見てね、 アートから音楽へ完全に興味が移ったんだ。 『テレビジョン』というバンドのライブを見たときに、ものすこ い興奮を覚えて……。『テレビジョン』が僕の精神的な師になっ た。

 

彼らの音楽、姿勢はとても正直で、コマ ーシャリズムを意識したものではなく、アーティスティックで……。僕は、パンク・ミュージックというものは、 とてもダウン・ トゥー・アースで、正直で、ユニークだと感じる。だから大好きなんだ。音楽をやり始めてみると、音楽ならもっと一 度にたくさんの人に届きやすい手段だとい うことが分かり、彫刻をやっていたときのジレンマから抜け出し、クリアになれたんだ。

 

それからは、ずっと一生この正直な音楽がやってみたいと思うようになった。ハワイに 帰って来たときには、僕はもうミュージシャ ンになっていて、すぐに仲間と、ハワイで最初のパンクロック・バンド『スクイッズ』を結成したんだ。バンドは5人編成、メンバーは 全員同じアティチ ュードを持った面々で………。

 

当時、ワイキキに『ウェイブ』とい うクラブがあってね、そこでプレイ していたよ。それ以来、未だにそれが僕が一番やりたいことで、今でも音楽活動を続けている。売れる音楽を作ってみたいとか、そんな風に 思ったことは一度もないんだ。現在 の僕らのパンドは『オリエンタル・ラブ・リング』つていうんだ(http://www.orientallovering.com) 。

 

これからも、もっと頻繁に ライブをやってみたいと思っているよ。日々の生活の中で最も喜びを感じる瞬間は、やはり音楽…..。音楽が、やはり自分自身のアイデンティティなんだ。最も大切にしているこ とは、いろんなレベルでクリエイテ イブに生きること。料理も大好きだけれど、音楽を演奏したり作っているときはとても自由に感じて、他の事はすべて忘れからっぽになるんだ。 あるステートに達するとチャネリングし ているような状態になってね、瞑想のよう に深い瞬間が訪れる……。頻繁ではないけれどね。はまってしまうともう……、やるに値するんだ(笑)。」

 

「僕の人生は、とても陰陽(イン·ヤン)なんだ……。ファームで仕事をしている時間は、陽。そして音楽は陰。ファームが昼で、音楽が夜で……。どちらもとてもディープに携わっている。そうやって区別を付けて、僕はバ ランスを取っているようだ。

 

バランスは、人生においてとても大切な ものだね。僕には今、ガール・フレンドのレ アがいてくれて、ファームも手伝ってくれて いるので、この頃はもっと自分の生活にも バランスが取れるようになったんだ。僕ら はソウルメイトなんだ。僕は乙女座で、彼 女は正反対の牡羊座。お互いにちょうど心 地よい組み合わせのよう。これも陰陽だね(笑)。」

 

1 2 3

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事