インタビュー輝く人 ドリーム建設社長 岡本 宏 さん

 06/28/2015

 

「芝を全部取って新しく入れるのに、最初は1500ドルと言われて、その後また600ドルと言われた」と。え~だまされたな…と思いましたよ。「何で契約書もらわないで、お金最初に渡しちゃったの?」と聞いたら、「岡本さんを信じてお金を渡した」って言うんです。それが一番ショックでした。

 

そのおばあちゃんはいつもしっかりしている方で、大丈夫だと思ってたのに。可哀想だし苦しいです。僕の信用はつぶれちゃいまいたよ。ハワイはいろんな国から来て、いろんな人がいるから難しいです。

 

仕事を依頼する時のコツ

リノベーションする時のデザインとか、流行のタイルの色だとか、僕はいろんな所に見に行きます。日曜日にオープンハウスに行って、写真を撮って勉強してます。タイルもタイル屋さんに行って、一枚ずつ買うんです。それをお客さんに並べて見せて、どれがいいですかと。

 

とりあえずお客さんが選ばないといけない。それが一番ですから。タイル一枚じゃイメージできないから、絵を見せるんです。お客さんが理解できるようにしています。僕は出来上がりが全部頭に入ってるけど、お客さんはわからないですよね。お客さんは自分がやりたいことをはっきり言ってくれるのが、一番やりやすいです。

 

こういう色とか、こういう風にしたいとちゃんと決めてる人がいいですね。決められない時は、全部任せてほしいです。迷ってペイントの色を途中で変えたりするのは、大変ですから。窓やドアなどのスペシャルオーダーだと、メインランドから取り寄せるので時間がかかる時もあるけど、それ以外は納期に必ず終わらせてます。

 

日本人も英語ができる人がたくさんいるけど、細かいことを説明するのは難しいですよね。韓国人も同じなんですけど、「この人、言葉が下手だな」ってアメリカ人が思ったら、なめられちゃうんですよね。お金も先に払わされて、「これで終わり」って道具しまって帰っちゃう人もいるんですよ。それが一番気をつけること。お金、全部払っちゃだめよ。仕事みてから、順々に払わないと。日本人はお金持ってると思われるから、騙されちゃだめよ。

 

ビス1本で、お金はもらえません

KZOOラジオに出てたとき、おばあちゃんから見積もりにきてくださいと言われ、「椅子のビスが一本はずれちゃったので、留めてくれませんか?」と依頼されました。「いくら払えばいいですか?」と聞かれて、「いい、いい、タダで」って。スクリュー1本留めてお金もらったら、それ恥ずかしいじゃない。大した仕事もしてないのに。

 

僕はその時ポルシェで行ったんですよ。僕にとっては簡単な仕事だけど、おばあちゃんにとっては大変なことなんです。エバまでドアを直しに行ったこともあります。ガソリン代もかかるし大変だけど、大きな仕事も小さな仕事も関係ない。電話がきたら、やってあげないわけにはいかないですから。それに小さな仕事が大きな仕事になることもありますから、おろそかにできません。

 

実際に請け負った工事改築、キッチン・バス・ラナイの 増築、内装リフォーム、外構工事

before

 

after

1942年に立てられた一戸建て                                            改築、内装リフォームがすべて完了

 

 

 

 

現場は必ず自分の目で

従業員に任せている仕事も、僕は毎日終わったら必ず現場を見に行きます。タバコの火、それが一番恐いよ。日本はタバコを捨てる所はちゃんとあるし、水も用意されてる。でもここは違う。タバコ吸って足で消してそれで仕事する。それが一番恐いよ。電気屋や水道屋やタイル屋さん…色んな人が来るから。

 

僕は「こんなことしちゃダメよ」と言うけど、聞かないんですよ。だから毎日チェックして回るんです。 仕事以外の楽しみは、毎週土曜日のゴルフです。それが一番の楽しみ。ハンディキャップは15位。韓国料理も好きだけど、日本料理も全部好き。良く行くお店は和田レストラン、居酒屋心、キムカツです。

 

丸亀うどんは安くて早くておいしい。焼き鳥屋さんも行きます。つくねやさんとか。韓国のお店でいくのは、ソラボルですね。雰囲気も良いし味もいい。ボドナムチップも行きます。でも、焼肉ソウルが一番美味しいですね。

 

14年ぶりの再会

これからの夢は、家を買ってそれを売ったりしたいんです。今住んでるところは、小ちゃいアパートを買ったんだけど、違うアパートにまた応募してあるんです。それを元に何とかして家を何件か買って人に貸してあげて、そこから僕の年金のお金が出るようにしなくちゃ。 お母さんが明日ハワイに来るんですよ。お兄ちゃんと一緒に来ます。お母さんはソウルで商売やってて、時々電話で話したりしてるんですけど、14年ぶりに会うんです。楽しみです。何してあげようかな。ハワイ1周いきたいな。

 

ハワイに来てくれたお母さん(アンさん:写真中央)、とお兄さん(ジョンさん:写真右)

 

岡本 宏 (おかもと ひろし・Jung Chang)

1960年韓国ソウル生まれ。韓国で兵役を終えた後サムソン電子に入社、日本に技術研修を受けるために何度も訪れるうちに日本に留学することを決意する。90年代に日本で独立し「岡本工務店」を設立。約6年間、大手ゼネコンの事業に携わる。オーストラリア、ニューヨークを経てハワイへ移住。コントラクターの免許を取得後、2006年「ドリーム建設」を設立し、現在に至る。

1 2 3

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事