【インタビュー輝く人】俳優 ケイリー=ヒロユキ・タガワさん

 08/10/2013

日本人がヒーローの映画に出るのが夢

今年、映画「イェレイ・サン」のロシアでの撮影が決まって、現地に行ってきました。口シアの人気俳優イワン・オフロプイスチンが脚本を書いた作品で、日本正教会の聖人の話なのですが、ナカムラ・タクロウという 主人公を演じます。来年公開予定です。

 

まだ行ったことがない場所がたくさんあるので、これから先フランスやブラジルなどで映画に出る機会があればいいなあと思います。やはりテレビドラマもいいけれど、映画のほうが好きです。

 

自分にとってこれほどファンタジーとイマジネーションを広げられる仕事はないですから。目下の夢は日本人がヒーローなストーリ ーの映画を作ること。例えば 「ゴルゴ13」、 「宮本武蔵」などですね。

 

強くてカッコ良く、そしてセクシーな主人公を日本人が演じる映画が世界でヒットしたらいいんじゃないかな、ジンギス・ハーンのような、壮大なスケ ールになりそうな題材にも興味があります。

 

日本の映画もとても好きです。高倉健さんを主演にして、いろいろストーリ一を考えてみたりもしました。健さんと共演できたら最高なのですけどね。まだまだ夢は尽きないので、自分は生きている限り役者でいたいと心から思っています。

 

 

健康でハワイに住めるのは幸せなこと

父はハワイ生まれの日系2世でしたので、2歳のころ、アメリカ本土に移り住む前に、オアフのスコフィールドに行ったことが ありました。その後は1993年にカウアイ島に引っ越しました。約10年いました。

 

そして ホノルルにしばらくいて、2007年に 「リベ ンジ」の撮影があったために、またロサンゼルスに移ることになってしまいましたが、またハワイヘ戻ってくるつもりです。

 

ハワイにいる日系人は強い感じに見えますね、数が多いせいもあるかもしれませんが。アメリカ本土では日系人がおとなしく見えるような気がします。

 

今、中心道というマーシャル・ヒーリングを続けています。ヒーリングですから、もちろん戦ったり相手を倒したり、というものではありません。もとは中国の武道から発しているのですが、自然界の動物の動きを研究し、血液の循環を正常に保つことで、本来体が持っている動きの能力を高めていく、という発想で、独自の呼吸法と動きで健康を維持していくという方法です。

 

歳をとっても役者を続けていくためには健康であることはとても重要なので、病気にかかりにくい体をつくることには気をつかっています。ハワイは素晴らしい場所で、健康でここに住んでいられる人はとても幸せだと思います。

 

日系人が多く、人種問題が少ないハワイは日本人が住みやすい環境ですが、なによりも気候が良く、精神的に穏やかに暮らせるというのが最高ですね。

 


ケイリー=ヒロユキ・タガワ (Cary H Taqgawa)

1950年、東京港区麻布に生まれる。父は日系 2世のアメリカ人、母は元宝塚女優・歌手の旗 マリ子。5歳のときにアメリカに移住、アメリカ国籍を取得。学生時代に演劇に興味を持つが、本 格的なデビュ一を果たすまで20年近くを要し た。1986年にArmed Response (邦題:地獄 の武装都市/復習のターミネーター)に出演し たのをきっかけにラストエンペラー 、007· 消さ れたライセンス、ライジング・サン、パールハーバ -、SAYURIなどの数多くの映画、またドラマに 出演する。日本のテレビ番組にも出演したこと がある。
2014年に初の主演映画「イェレイ・サン」公開 予定。


 

 

(日刊サン 2013.08.10)

1 2 3

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事