【インタビュー輝く人】レースドライバー / 実業家 田嶋伸博さん

 08/24/2013

車づくりへの夢を実現するために独立

ーご自分で仕事を始められたのはどんな きっかけですか。

日本一速い男と言われた星野一義さんと一緒に、ドライバーとして競技車の開発に参加していました。ドライバーとしては、ずっ と車の開発に加わっていたのです。本当は エンジニアとしてやりたかったのですが、日頃は営業活動をしていました。週末はレ一 スに参加したり、車輌開発の依頼があった 時にはドライバーとして開発に参加してい ました。でも、大手自動車メーカーの車を走らせるだけじゃなくて、自分で作った車で走りたい気持ちが日増しに強くなっていまし た。

 

ちょうどその頃に、星野さんから、 「田嶋君は独立した方がいいぞ」とアドパイスを受けました。星野さんはプロのドライバーで ありながら、ホシノインパルという会社もや っていたのです。それで独立して、ラリー専門の「モンスター・インターナショナル」(現在のタジマモーターコーポレーション)とい うショップを東京の高井戸に作りました。

 

—高井戸のどの辺りですか?

環八と甲州街道の交差点のところです。お米屋さんの角を借りて始めたのです。店の中には展示車が一台が入るだけで、スペースはとても小さかったです。1977年頃です。当初は、カスタマイズした新車を売って いました。その後は、自分で車を作って自分 自身が走る、連戦連勝でした。その優勝経験を活かしてアドバイスし、お客さんも走らせるというようにして、モータースポ一ツビジネスを展開していきました。そのうちに、スズキから話があって、スズキの車を作るようになったのです。

 

-モンスターというニックネームは、どこ から来たのですか。

オーストラリアのサザンクロスラリーで優勝した時に「日本からモンスターがやって来た」という内容で、「ノブヒロ『モンスター』タジマ」と、カッコ付きで新聞に書かれたのです。朝食時に、みんなから「ハイ、モンスター」と呼ばれて、最初はなんだか分からなかったのですが、外人だけではなくて、その新聞を日本のメディアが読んで、たくさんのジャーナリストが、「モンスター」と呼ぶようになっていきました。

 

日本だと、「モンスター」と言ってもそれほど化け物的なイメージはないのですが、海外に行った時に「モンスター」というと、「一体何者だ?」みたいになって、ものすごいインパクトがありました。地名度とキャラクターに貢献して、とてもラッキーでした。

 

 

スズキのモータースポーツの立役者に

-スズキとの提携は、どのようにして始められたのでしょう。

その当時、新車の発表会や試乗会などの時に大手自動車雑誌社から頼まれて、たくさん記事を書いていました。そこでは僕が評価するのと有名な評論家が評価するのとは、全く違うんですね。僕は自分で何のしがらみもないから言いたいことを言うし、良いものは良いし、悪いものは悪いとはっきり言うわけですよ。

 

そうこうしてるうちに、ある雑誌が「著名人の心に残る思い出の一台」と言う特集を組んだのです。そこに僕は、「スズキのフロンテ3Sが面白い。普通は車をお客が選ぶが、あのスズキフロンテは、車がお客を選ぶ。それだけマニアックな車は世界で他にない」と書いたのです。それをスズキの広報の人が読んでいたようで、東京支店に呼ばれて、「どうしてそう思うんですか?」と聞かれるから、思っていることを言ったら、「そこまで言うならぜひ一度浜松に来て、試作した車に乗ってみてくれ」と言われました。

 

-それで乗ってみられたんですね。

それで乗ってみて、その時はけちょんけちょんに言ったんですよ。そうしたら、「田嶋さん、そこまで言うなら、2ヶ月したら、もう一度来てくれないか」と言われて、また呼ばれていきました。そうしたら、僕が指摘したことが全部反映されているんです。びっくりしました。通常の自動車会社のスピードでは、ありえないんですよ。二輪の会社だから仕事が速いんです。それなら、「もうちょっとこうやったら良いですよ」と言ってね。そうしたら、「またすぐやりますから、出来上がったらまた来てください」と言われて、それで行くようになったのです。

 

 

-スズキの車はアメリカでも若者に人気があります。

そのうちに、「田嶋さんの言われた通りにしたから、これに乗って、モータースポーツでトヨタに勝ってくれ」と言われたんですよ。そこで、何かタイトルがないといけないので、スズキスポーツという名前で出て、優勝したのです。そうしたら、今までの車をより高性能に、より楽しい車にしたということで、一気にスズキのイメージが変わって、爆発的に売れたのです。

 

その時に、スズキからディーラーもやってくれと頼まれて、「スズキカルタスTAJIMA」という会社を別に作って、ディーラーも始めました。用品も作って、それを「スズキスポーツ」ブランドで全世界に販売したんです。これがまたバカ売れしましてね、それをつけた若者がどんどんスズキに乗るようになりました。

 

その後、アジアパシフィック選手権にも、世界選手権にも出たし、2008年までずっとやって来ました。スズキカルタスTAJIMA はタジマモータースコーポレーションに名前を変えましたけど、今も全国の代理店でトップです。その後、ポルシェ、プジョー、シトロエンのディーラーも始めて、そちらでもトップをとりました。

 

1 2 3 4 5

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事