紅葉 ― 色鮮やかな紅葉のメカニズム 日本の 紅葉狩りの 文化と歴史

 09/22/2018

もうすぐ10月。日本の季節は本格的な秋に入ります。輝く赤や黄金色が広がる紅葉の景色は日本の秋の風物詩のひとつ。その紅葉を楽しむ「紅葉狩り」は平安時代から親しまれています。ところで皆さまは、秋になると、なぜ一部の木の葉の色が綺麗に変わるのかをご存知でしょうか?今回のエキストラ特集では、木の葉が紅葉する仕組みを中心に、紅葉狩りの歴史や紅葉の豆知識などをご紹介したいと思います。

 

🍁🍁🍁紅葉とは?🍁🍁🍁

 

 

紅葉とは、主にカエデ科に属する広葉樹※が葉を落とす前に葉の色が変化する現象のことです。植物学的には、葉の老化反応の一部と考えられています。葉が赤色に変化するのを「紅葉(こうよう)」、黄色は「黄葉(こうよう・おうよう)」、褐色は「褐葉(かつよう)」と言います。同じ種類の木でも、それぞれの個体の色素を作る能力の違い、気温、湿度、紫外線などの環境の違いなどによって違う色に変わったり、紅葉の進むスピードが違うことがあります。

 

紅葉する草や常緑樹も  

紅葉する草や低木は「草紅葉(くさもみじ)」と言います。また、広葉樹だけでなく、常緑樹にも紅葉する木があります。紅葉する常緑樹は、緑の葉に混ざって赤や黄色の葉を付けるものが主です。 日本の紅葉  日本の紅葉は、9月頃に北海道の大雪山から始まって南下していき、日本列島を縦断するまで1カ月程かかります。紅葉の見ごろの推移は紅葉前線と呼ばれます。紅葉が始まってからの見ごろは20〜25日前後続きます。時期は、北海道から東北地方にかけては9月末ごろから10月、関東から九州にかけては11月〜12月上旬頃までです。朝晩の冷え込みが起こりやすい内陸部や山間部ではこれよりも早い時期に紅葉が始まります。

 

紅葉する条件とは?  

最低気温が8℃以下になると紅葉が始まり、5℃以下になると葉の色が急速に変わっていきます。美しい紅葉が見られる名所には、渓谷、高原、標高の高い所の湖・沼・滝などが多いですが、その理由として、昼夜の気温の差が大きく、空気がきれいで適度に水分があるなどの条件が揃っているということがあります。特に昼夜の気温の差が大きいほど紅葉のメカニズムが促され、綺麗に色付いた葉が一斉に紅葉します

 

 

🍁🍁🍁紅葉のメカニズム🍁🍁🍁

 

植物の葉は緑に見えるのは、光合成が行われる過程で光を吸収するクロロフィル(葉緑素)が含まれるためです。夏の間、落葉広葉樹の葉にあるクロロフィルは活発に光を吸収しますが、秋になり日照時間が短くなると、老化反応を起こして分解され、別な色が出現します。  光合成に必要な組織が分解されます。それと同時に、葉に蓄えられていた栄養は幹へと回収されていき、春に再利用するために蓄えられます。葉から幹へ十分に栄養が回収されると、植物ホルモンの一種「エチレン」が働き、葉柄の付け根に離層ができて枝から切り離されます。これによって、冬の間の不必要な水分やエネルギーの消費を防いでいるのです。

 

【紅葉する木の例】

ウコギ科―タラノキ

ウルシ科―ツタウルシ、ヤマウルシ、ヌルデ

カエデ科―イロハモミジ、サトウカエデ、ハウチワカエデ、メグスリノキ

スイカズラ科―ミヤマガマズミ、カンボク

ツツジ科―ドウダンツツジ、ヤマツツジ、レンゲツツジ

ニシキギ科―ニシキギ、ツリバ

ブドウ科―ツタ、ヤマブドウ

バラ科―ウワミズザクラ、ナナカマド、ヤマザクラ

ミズキ科―ミズキ

 

メグスリノキ

カエデ科のメグスリノキには「ロドデノール」という視神経を活発化する成分が多く含まれています。古代から漢方薬として利用されており、葉や樹皮を煎じたものを飲んだり、洗眼薬として使います。

 

黄葉…イチョウなどの黄色

 

黄葉の黄色は「カロテノイド」という色素(※)に由来します。カロテノイド色素の1つ「キサントフィル類」は若葉にも含まれていますが、春から夏にかけては、クロロフィルの影響による緑色の中に隠れているため見えません。秋になると、葉のクロロフィルが分解されて黄色が見えるようになります。カロテノイド色素にも、光害から植物を守る働きがあります。老化する過程ではカロテノイドを含むさまざまな組織が分解されるため、その間は光害から葉を守る別の成分が必要になります。アントシアンは、葉の老化の過程でカロテノイドなどの代わりに葉を守る役割を担っています。

 

 

【黄葉する木の例】

 

イチョウ科―イチョウ

カエデ科―イタヤカエデ

カバノキ科―シラカンバ

ニレ科―ハルニレ

ヤナギ科―ヤナギ、ポプラ、ドロノキ

ユキノシタ科―ノリウツギ、ゴトウヅル

1 2 3

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事