和紙の世界

 11/30/2018

日本の和紙の歴史は古く、製紙は3世紀中頃〜7世紀末の古墳時代には始まっていたと言われています。現在にまで受け継がれている日本の手漉き和紙技術は、2014年、ユネスコ(国際連合科学文化機関)の無形文化遺産に登録されました。洋紙と比べると繊維が長く、柔らかくて耐久性があることが特徴で、便箋などの日常使いから文化財の修復まで多くの使い道があります。ここハワイでも、障子紙、書道紙、和紙テープなどとして多くの人々に愛用される生活用品のひとつになっています。

 

歴史ーーー古墳時代から江戸時代まで

 

古墳時代 紙が作られ始める

 

日本では、古墳時代から紙が漉かれていたと言われています。紙漉きが日本で自然に始まったとされる説、渡来人によって伝えられたという説の2つがあります。5世紀初頭から紙による公の記録が始まりました。これは『日本書紀』には「403年に初めて国史(ふみひと)を配置し、言事(ことわざ)で出来事の記録を始める」という一節から窺うことができます。  513年、五経博士が百済から渡来し、日本に漢字と仏教が普及し始めましたが、仏教の普及には写経が欠かせませんでした。このことから、仏教の伝来と共に百済の製紙技術が伝わり、その技術による紙漉きが行われていたと言われています。

 

 奈良時代には製紙のことを「造紙」と呼んでいましたが、平安時代には「紙漉き」と表現されるようになりました。平安時代初期には紙戸が廃止され、官立の製紙工場として紙屋院(かんやいん)が置かれました。ここで、日本独特の製紙法「流し漉き」の技術が確立されました。

【流し漉きとは】紙料(漉く前に処理された原料)を水、つなぎと合わせて水槽に入れ、繊維同士を絡ませるために細かい目の簀(すのこ)で汲み込んで捨て戻すという動作を繰り返します。これは簀を振って紙層を作り、不用な紙料を捨て、また次の紙料を汲み込むという動作で、必要な紙の厚みができるまで繰り返し行われます。

 

後期 ― 和紙文化の成立  紙屋院の設立と流し漉きの確立により、和紙が大量生産されるようになり、和紙をふんだんに利用した王朝文化が花開きました。紙屋院とその他の44ヶ国で製紙が行われ、日常の筆記に使用されるものが木簡から和紙へと移行していきました。

 

MEMO 

懐紙

懐紙は平安時代の貴族の必需品で、畳んだものを常に懐に入れていました。ハンカチのように使う他、盃の縁を拭ったり、お菓子を取ったり、即席で和歌を書いたりすることに利用されました。懐紙は「ふところがみ」「かいし」「たとうがみ」「てがみ」などと呼ばれていました。

 

 

奈良時代 紙の量産が始まる

 

本格的な紙の国産化が始まったのは奈良時代。701年に制定された大宝律令によって、『古事記』や『日本書紀』などの国史編纂のための図書寮(ずしょりょう)が設置され、紙の製造が本格化されていきました。図書寮には34人が所属し、そのうち4人が紙漉きを担う造紙手でした。また、図書寮の下にあった「紙屋院」「紙戸」には、紙漉き専業者50戸が所属していました。  山城国(現在の京都府南部)にあった「紙屋院」「紙戸」は租税が免除され、1年間に2万張の政用の紙を作ったといいます。また、その他の土地でも紙を漉かせて、「調」として徴収していました。『正倉院文書』には、737年頃から、美作、出雲、播磨、美濃、越などで紙漉が始まったと記されています。  739年に写経司が置かれると、ますます紙の需要が高まりました。『図書寮解』には、774年の紙の産地として、美作、播磨、出雲、筑紫、伊賀、上総、武蔵、美濃、信濃、上野、下野、越前、越中、越後、佐渡、丹後、長門、紀伊、近江が挙げられています。しかし、この時代の紙はまだ貴重なものだったため、日常には安くて丈夫な木簡が使われていました。また「紙背文書」といい、1度使った紙の裏面を別の筆記に使ったりしていました。

 

MEMO 

『正倉院文書』に見る和紙の種類

正倉院文書には、当時使われていたさまざまな紙のことが記されています。中でも、植物の花、実、葉、皮、根などの天然色素で染色した彩色紙には多くの種類があります。文書中に見られる紙名は、五色紙、色紙、紅紙、浅紫紙、浅黄紙、蘇芳紙、黒紫紙、胡桃紙など。植物はスオウ、トチ、ハス、フヨウ、カキツバタ、キハダなどが使われました。

 

 

平安時代 

 

前期 ― 紙屋院と流し漉き  奈良時代には製紙のことを「造紙」と呼んでいましたが、平安時代には「紙漉き」と表現されるようになりました。平安時代初期には紙戸が廃止され、官立の製紙工場として紙屋院(かんやいん)が置かれました。ここで、日本独特の製紙法「流し漉き」の技術が確立されました。

【流し漉きとは】  紙料(漉く前に処理された原料)を水、つなぎと合わせて水槽に入れ、繊維同士を絡ませるために細かい目の簀(すのこ)で汲み込んで捨て戻すという動作を繰り返します。これは簀を振って紙層を作り、不用な紙料を捨て、また次の紙料を汲み込むという動作で、必要な紙の厚みができるまで繰り返し行われます。

 

鎌倉時代 武家文化と和紙

 

鎌倉幕府が成立すると、貴族や僧侶だけでなく、武士も紙を使うようになりました。装飾的な薄紙よりも厚くて実用的な丈夫な紙が主流になり、播磨の杉原紙や美濃和紙が多く使われました。鎌倉時代に入っても貴重品だった和紙は、寺院へのお布施などの贈答品としても利用されていました。紙を贈答する風習は武家社会に広がり、贈答品を和紙で包むという習慣なども生まれました。

 

杉原紙:鎌倉時代、武士が特権的に使う紙としてステータスシンボルになった。明治時代に姿を消したが、近年、原産地の兵庫県で、伝統工芸品として生産が再開された。

 

室町時代 紙座の成立

 

南北朝時代(室町時代初期)に紙屋院が廃されると、和紙作りの舞台は地方へと移っていきました。そしてこの頃、「紙座」と呼ばれる和紙の生産、流通業のシステムが登場します。  本来、紙座は紙を生産して公家や寺社に納入する供御人、神人のグループだったのですが、寺社の保護を受け、一般の生産と流通も請け負うようになりました。紙座には、元紙屋院の職人達が結成した「宿紙上座(しゅくしかみざ)」、新規の業者による「宿紙上下座」、六波羅蜜寺を本所とした「紙漉座」、近江小谷、美濃大矢田の紙の販売権を独占した「枝村紙座」などがありました。しかし、この時代も和紙はまだ貴重品で、杉原紙1束の値段が職人2日半分の日当に相当するほど高価なものでした。

 

1 2 3

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事