サンクスギビングデーの雑学 由来や歴史、七面鳥を食べる理由は……?

 11/24/2019

今年もサンクスギビングデーの季節がやってきました。2019年は 11月28日(木)になります。ホームパーティを開いたり、 友達と会食したりと予定のある方も多いのではないでしょうか? サンクスギビングといえば、別名「ターキー・デー」と呼ばれるほど 七面鳥料理が欠かせません。 今回のエキストラ特集では、サンクスギビングデーの由来や歴史、 七面鳥が欠かせない理由や、大統領が行う「七面鳥の恩赦」の 意味など、知っておくとサンクスギビングデーがもっと楽しくなる 雑学をご紹介しましょう。

 

11月第4木曜日の祝日

 

 サンクスギビングデーはアメリカの祝祭日(National Holiday)のひとつです。行事が始まった17世紀はキリスト教的な行事でしたが、現代は親戚や親しい友人たちが集って食事を共にする、1年で最も大事な家族行事になっています。  日本のお正月のように、サンクスギビングデーの前後はアメリカ中の空港が大混雑。ハイウェイも大渋滞になりますが、当日は家で家族と過ごす人が多いため、あまり混雑しません。毎年、木曜日から日曜日までの4日間を休みにする職場も多いようです。

 

由来と歴史

先住民が入植者に穀物の栽培方法を 教えたのがきっかけ

 アメリカのサンクスギビングの由来は、1620年11月にイギリスからマサチューセッツ州のプリマス植民地へ入植したグループ「ピルグリム・ファーザーズ」が初めての収穫を記念して行ったお祭りと言われています。入植後、イギリスから持ってきた野菜や麦の種を撒いて畑を作ったのですが、土壌に合わず、飢えなどでグループにいた半分の人々が死んでしまいました。そこで、プリマスにいた先住民族のワンパノアグ族が彼らに食糧や物資を提供したり、部族の中でも英語を話せる人が狩りの仕方やトウモロコシなどの穀物の栽培方法を教えました。

 

先住民への感謝を込めた祝宴

 おかげで1621年の秋に食料が収穫できたピルグリム・ファーザーズは、感謝の祝宴に御馳走などを用意し、ワンパノアグ族を招待しました。その時の記録では、宴会は3日間続けられ、参加者は入植者53人に先住民90人だったとされています。祝宴は3日間続けて行われ、料理がなくなると、ワンパノアグの酋長が自分の集落から食料を運ばせました。  この祝宴が現代のアメリカで行われているサンクスギビングの由来になったと考えられています。プリマス植民地で最初に感謝祭が行われたのは1623年。当時は、教会で礼拝を行うなど、神に感謝を捧げる宗教的な意味合いが強いものでした。

 

南北戦争後の国内の融和を図るため 祝日に制定

 18世紀後半にジョージ・ワシントンが初代大統領になると、感謝祭は「大統領宣言」という形をとって不定期に行われるようになりました。19世紀初めには「州知事宣言」の形に代わり、感謝祭の日は州によって異なっていました。19世紀半ば、第16代アメリカ合衆国大統領のエイブラハム・リンカーンが、感謝祭を連邦国家の祝日に制定。1861年から4年間続いた南北戦争の終結後、国家の団結と国民同士の融和を目的として、家族が集うことを奨励したのです。そして、遠方の家族や親戚が集まり、一緒に食事をするという形になりました。

 

入植時のプリマス・プランテーションを再現したテーマパーク

 

 

MEMO

ピルグリム・ファーザーズとは?

 16世紀、イギリスではエリザベス1世がイングランド国教会を立ち上げました。しかし、17世紀にかけて教会の改革を主張する清教徒が勢力を増し、中でも分離派と呼ばれたグループは国教会から分離しようとしていました。しかし弾圧を受けたため、宗教的な自由を求めた清教徒ら合わせて102人は、メイフラワー号に乗船して新大陸のアメリカに渡りました。1620年11月、現在のマサチューセッツ中プリマスに到着したピルグリム・ファーザーズは、キリスト教徒の理想的な社会を作ることを目指し、新しい土地の開拓に励みました。

 

1621年のサンクスギビングの様子を描いた絵 Jennie Augusta Brownscombe, The First Thanksgiving at Plymouth, 1914, Pilgrim Hall Museum, Plymouth, Massachusetts

 

伝統的な食事

スタッフィング、キャセロール、 アップルパイなど

 サンクスギビングの日のメインディッシュは「スタッフィング(stuffing)」または「ドレッシング(dressing)」と呼ばれる、角切りパンを詰めた七面鳥の丸焼きです。七面鳥のイメージが定着しているため、サンクスギビングの日を「七面鳥の日(Turkey Day)」と呼ぶこともあるようです。焼き上がったスタッフィングの七面鳥は、切り分けられ、グレービーソースとクランベリーソースを添えて供されます。  ベジタリアン向けのスタッフィングとして、豆腐や麩で似た食感にした「トーファーキー」なども販売されています。サイドディッシュは、サツマイモ料理やマッシュポテト、いんげんのキャセロール(グラタンに似たもの)など。デザートにはアップルパイやパンプキンパイが食べられます。

 

七面鳥が欠かせない理由

 その理由については諸説ありますが、最も有力なのは先住民のワンパノアグ族が飢えに苦しんでいた入植者、ピルグリム・ファーザーズに野生の七面鳥を分け与えてくれたという説。感謝の気持ちを表すため、その後のサンクスギビングには必ず七面鳥が供されるようになったといいます。

 一方、1622年に発行された『プリマスにおけるピルグリムの日誌』(“A Journal of the Pilgrims at Plymouth”)には、1621年の感謝祭では野鳥や家禽という意味の“wild fowl”が食されたと記録されています。これが七面鳥だったかどうかは定かではありませんが、1651年に成立した『プリマス・プランテーション』(“Of Plymouth Plantation”)には、1621年の秋、入植者たちが七面鳥狩りを行ったことが記録されています。

1 2 3

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事