[PR]

日本と世界の民間療法 身近なものから意外なものまで

 11/22/2019

 民間療法とは、古代から信じられている療法や、経験的に効果があるとして民間で伝えられる療法のことを言います。インドのアーユルヴェーダや中国の中医学、ドイツ発祥のホメオパシー、アフリカの呪術的療法までさまざまな民間療法がありますが、中でも身近な食べ物や飲み物を使った日本の民間療法は安全で取り入れやすく、科学的に裏付けされているものが多くあります。今回の健康特集では、風邪対策を中心に、日本と世界のさまざまな民間療法をご紹介しましょう。

 

風邪に…日本の民間療法

 

梅干 Dried Plum  

 カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル分が豊富。ビタミン類も含まれます。酸味成分のクエン酸とリンゴ酸は糖質の代謝を促し、疲労回復を早めます

○焼き梅干し…フライパンなどで梅干しを焼きます。

○梅醤番茶…潰した梅干におろし生姜と醤油適量を加え、煮立たせた番茶に入れます。

○生姜梅干し…梅干、生姜、黒砂糖をカップに入れ、お湯を注ぎます。

 

葛 Arrowroot 

 風邪のひき始めに効く漢方「葛根湯」の主成分である葛。どんな荒地でも育つという生命力の強い植物です。主成分はデンプンで、とろみがあるため消化しやすく、身体を温める効果もあります。

○葛湯…小鍋に水と葛粉を入れ、かき混ぜて葛粉を溶かしながら加熱。とろみがついて透明になったら火から下ろします。お好みで蜂蜜や黒砂糖、おろし生姜などを入れてもよいでしょう。

 

 

生姜 Ginger  

 殺菌作用のあるジンゲオール、食欲を増進させるシネオール、血行を促進するショウガオールなどが含まれます。

○カップにすり下ろしたショウガ、蜂蜜、黒砂糖を加え、お湯を注ぎます。

 

 

 

 

大根 Japanese White Radish  

 消化酵素のジアスターゼ、抗酸化作用があるビタミンCなどが含まれます。ビタミンCは皮の部分により多く含有。加熱すると栄養分が損なわれるため、生のまま食べるのがベストです。

○大根の蜂蜜漬け…皮付きの大根を1cm角に切り、蜂蜜と一緒に瓶に入れて冷蔵庫へ。1〜2日漬けた後、上澄み部分をそのまま飲んだり、漬かった大根を食べたりします。特に咳や喉の痛みのある風邪によいと言われています。

 

 

卵と日本酒 Eggs and Sake  

 完全栄養食と言われる卵には、たんぱく質、ビタミンA、B12、D、E、葉酸、ビオチン、鉄などが含まれます。日本酒には必須アミノ酸や、抗酸化作用のあるフェルラ酸、血行を促進するアデノシンなどが含まれます。

○卵酒…日本酒180mlに卵1個を入れて火にかけます。卵が半熟になったら、好みで蜂蜜や黒砂糖を入れます。

 

 

 

ニンニク Garlic  

 免疫力を高める「ジアリルトリスルフィド」や「アホエン」、疲労回復を促す「アリアチミン」が含まれます。アリシンも豊富。

○焼きニンニク…ニンニクを皮のまま焼き、食べるときは皮を剥きます。

 

1 2 3 4 5 6

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事