[PR]

【世界の美容事情トレンドニュース】♡2020年のウェルネス業界を変える注目のインフルエンサーたち

 01/09/2020

 新年明けましておめでとうございます! 今年も世界の美容&健康コラムでさまざまな情報をお届けします。毎日の生活にすこしでもお役に立てればうれしいです。2020年も、どうぞよろしくお願いいたします!

 ここ最近は、美しいだけでなく、心身ともに健康であり、バランスが取れていることが美徳とされ、「ウェルネス」という言葉をあちこちで聞くようになりました。そのことからこのコラムでもウェルネス情報もたっぷりお届けしています。ウェルネス業界は、アメリカでさらに注目度の高い業界として盛り上がりそうですが、今年の第1回目は、そんな業界を揺るがしてくれそうな2020年注目のインフルエンサーたちをご紹介します。

 

 

 まずはKosas Cosmeticsというコスメブランドを2015年に立ち上げたSheena Yaitanesさん。クリーンビューティ・ブランドでありながら、どんな肌のトーンの人にも合う商品を作ることを目的に発表したブランドなのですが、セフォラではこのKosasは常にベストセラーをキープしています。この彼女が今年は、コスメ業界をあっと驚かせるようなメイクアップ&スキンケア商品をローンチする予定だそうですから楽しみです。

 

 

 

 続いては、HealHausの共同創立者であるElisa Shankleさん。アメリカ本土ではあらゆるヒーリングが楽しめるウェルネスセンターがあちこちでオープンしています。このエリーサさんは、アクセシビリティとダイバーシティがウェルネスセンターには不足していると感じていました。そこで2018年、彼女と、もう一人の創立者であるダリアン・ホールさんとともに、ニューヨークのブルックリンにHealHausというウェルネスセンターをオープン。毎日ヨガや瞑想のクラスが受けられたり、ウェルネス・トニックが気軽に飲めたり、鍼や霊気のトリートメントを受けたり、好きなヒーリングワークショップに参加したり、セラピーのプライベートセッションをブッキングすることもできます。内容が大変充実していて、しかも敷居が高くなくフレンドリーなウェルネスセンターとして大好評です。

 

 

 また2020年、ティーチャートレーニングやリトリートの開催を予定しているほか、LAにもセンターをオープン予定。またNYやLAに住んでいない人でも、このウェルネスセンターの雰囲気が楽しんでもらえるようなアプリや商品開発も予定しています。ハワイにもこのようなウェルネスセンターがオープンすれば良いのに!

 

 

 

 続いては、Mirrorという家でできるフィットネス器具を開発したBrynn Putnamさん。等身大の鏡なのですが、その鏡にはライブストリーミングで人気のフィットネス・クラスが受けられたり、ライブを見逃した場合はオンデマンドでデジタルフィットネス・クラスが受けられるというハイテクフィットネス・ミラーです。パーソナルトレーナーとのリアルタイムセッションも受けられるということで、ジェニファー・アニストンやケイト・ハドソンなどセレブたちがすでにはまっているとか。2020年はルルレモンと共同して瞑想のコンテンツを発表したり、フィットネス以外の美容サービス、ファッション、またテレメディスン(電話で会話して薬を処方してくれるシステム)なども追加して拡大予定です。

 

 

 0サイズ〜24サイズまで、世界でもっとも多いサイズ展開のジーンズを販売する会社Good Americanを立ち上げたCEO、Emma Gredeさん。太っているからデニムが見つからないとか着たい洋服に制限があることを残念に思っていた彼女は、もっと誰でもファッションを楽しめるようにと、2016年にこのブランドを立ち上げたました。クロエ・カルダシアンを広告に起用したこともあって一気にブレイク。2020年は、アクティブウェア、パーティドレスなど、もっと種類が増え、どんなサイズの女性でも素敵でセクシーに感じられるような洋服を提供しようと頑張っています。

 

 最後は、Happy Not Perfectというアプリを作ったイギリス人のPoppy Jamieさん。不安やストレスを和らげるためのハピネスワークアウト、瞑想や呼吸法、また、感謝の気持ちを表現する日記や、目的設定、ポジティブになれるゲームなど、少しでも人々がマインドフルになれるためのアプリを2018年に神経科学者たちと研究開発し、発表しました。2020年はポッドキャストも開始し、すこしでも人が救われるような内容を届けていく予定なのだとか。

 

 

 他にも、ウェルネス業界を盛り上げようと日々努力を重ねているインフルエンサーたちがいっぱい! 外見だけ美しければOKという時代はもう終わり。内面もしっかり磨かないと本当の美しい人にはなれない世の中になってきているようです。

 

写真・参考サイト:https://www.wellandgood.com/good-advice/most-influential-people-wellness/

Writer:内田佐知子

 

(日刊サン 2020.1.8)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事