[PR]

【世界の美容事情トレンドニュース】♡ホリデーシーズンの鬱予防に、 イェール大学の無料講座でハッピーを学ぶ!

 11/18/2019

 これから年末にかけてホリデーシーズンが本格的にスタートします。家族で集合して楽しく笑って過ごす幸せなシーズンと思いきや、ホリデーシーズンに誰も一緒に過ごす人がいなかったり、家族がいても問題が多く悩みを抱えて落ち込んだり、鬱になってしまうという人が意外と多いのだとか。

 

 そんなメンタルヘルスケアのためにもぜひオススメしたいのが、イェール大学で無料提供されているオンラインプログラム。その名も「The Science of Well-Being」。誰でも無料サインアップできるコースです。

 

 イエール大学の心理学のローリー・サントス教授は、学生に鬱の症状の人が大変多いことに気づきました。イエールのようなトップ大学に入ってみたものの、ひたすら勉強ばかりしてきた学生たちは、自分自身が本当に自分の人生をどうしたいのか、心身のケアを教わってきていない人たちが多いとわかったのです。愕然とした教授は、10人だけ集まればそれだけでも十分と、幸せや心身の健康について真剣に向き合うことができるプログラムを作ろうとコースを開発しました。

 

 初回はあまりにも多くの学生たちがサインアップしたため、学校でコンサートなどを行うためのスタジアム施設で講義を行ったとか。これが『ニューヨーク・タイムズ』などいろんなメディアで紹介され、一般の人でも普通に無料でサインアップできるようになりました。

 

 学生だけをターゲットに作られたプログラムではないので、誰がみても人生に前向きになれる内容。ちょっと心が疲れていると感じている人は、名門大学イェール大学の無料講座をオンラインで受けてみたら、より前向きな姿勢でこのホリデーシーズンを過ごせるかもしれません!

 

写真・参考サイト:https://www.coursera.org/learn/the-science-of-well-being

Writer:内田佐知子

 

 

(日刊サン 2019.11.13)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事