[PR]

♡オスカー賞を目前にしたセレブはどこのフェイシャルに行く?【世界の美容事情トレンドニュース】

 02/27/2019

LAでは、この時期、様々なアワードが開催され、ハリウッドセレブ達はレッドカーペットを歩くために、自己メンテナンス準備に大忙し。いま、トップフェイシャルセラピストと言われているのは、どんな人達なのでしょう? 6人のトップセラピストをご紹介しましょう。 まずは、ニューヨークをベースに活躍するジョージア・ルイーズさん。

 

彼女は独自のオールハンドのリフト&スカルプトメソッドという、顔の筋肉に働きかけてリフティングする方法でセレブ達の間で超人気、ウェイティングリストも半端ではないセラピストです。女優、エマ・ストーンも『ジョージアはミラクルワーカーだ』とコメントしているほどで、他にもサンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェットなども彼女の顧客です。

 

そんなジョージアさんがレッドカーペットに用意しているのは、GLOフェイシャル($750)で、音波、電流、酸素、LEDライトなどを使ったセラピー。これを受ければチークはぎゅっと位置が高くなり、目もぱっちり、お肌も元気になって効果抜群と、ジョージアさんも自信たっぷりのコース。2月の後半、彼女はアワードシーズンの間、LAに特別出張をして多くのセレブのフェイシャルを施しているのだとか。 ブッキングは、bookings@georgialouise.com

 

続いて、オーストラリア、シドニーベースのメラニー・グラントさんも、この時期はLA出張しています。ローズ・バーン、ララ・ウォージントンなど多くのセレブのフェイシャルを手がけています。彼女はシャネルのブランドアンバサダーとしても活躍していて、パリではシャネルのフェイシャリストとしても知られていて、全てシャネル製品のみを使ったフェイシャルで一躍有名になりました。

 

マイクロダーマブレージョン、ライトセラピー、マッサージ、ピーリング、フェイスマスクなどを盛り込んだ2時間のコース($750から)をオファーしています。ブッキングは、la@melaniegrant.com

 

NYベースのデビッド・コルベルトさんという皮膚科のドクターもこの時期、LAのペントハウスでポップアップサロンをオープンしています。皮膚科のドクターとあって、最新の技術を使いこなしたフェイシャルセラピーで、ヴィクトリアシークレットのモデル達も愛して止まないというランウェイ・フェイシャル($2000)を受けると、化粧のノリも抜群だし、お肌が再生すると好評。イベントの2−3日前に受けることをお勧めしているようです。 アポを入れてみたいという方は、310-859-9816まで。

 

続いては普段はダラスで活躍しているジョアンナ・チェックさん。ペネロペ・クルーズやリアム・ニーソンなど多くのセレブに信頼されているセラピスト。日本のスキンケアブランド、クレドポーとパートナーを組んで今回アワードシーズンの特別ポップアップサロンを開くのだとか。彼女のレッドカーペットフェイシャルは$850。LEDセラピー、超音波、冷却セラピー、マイクロカレントセラピーなどを駆使したトリートメントです。214-812-9488まで。

 

その他、血小板フェイシャルで有名になったドクター・バーバラ・スタームさん。シェール、アンジェラ・バセット、キム・カルダシアンなどを顧客にもつセラピスト。もともとドイツの外科医だったのですが、アンチエイジングのセラピストになり、ドイツ式のリンパを刺激するマッサージの技術な保湿度の高いマスクなどでプログラムした、インスタントグローフェイシャル($259)を提供しています。 気になる方はla@dr-barbara-sturm.de

 

最後にご紹介するのが、ジュリアン・ムーア、コンスタンス・ウーなどを顧客にもつジョアンナ・バルガス。彼女のおススメは、顔が一気にリフトアップして変わるという、トリプルクラウン($550)。マイクロダーマブレージョン、マイクロカレント、酸素セラピーなどが入ったコースで、これと同時にLEDライトを使ったベッドに寝て体もリラックスさせると、全身が引き締まり、顔ももちろんタイトに見えるという徹底したコースです。これのおかげで60歳の女性が40代に見える、ということもよくあることなのだとか。気になる方は、310-424-5141まで。

 

お値段はどれも決して安くはないですが、ハリウッドセレブ達も通っているフェイシャルって一体どんな感じなのか、1度は体験してみたいかも!

 

 

写真・参考サイト:https://www.hollywoodreporter.com/news/6-pop-ups-oscar-worthy-facials-la-1181707

Writer:内田佐知子

 

 

(日刊サン 2019.02.27)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事