[PR]

♡これからの時代は、性別に関係ないジェンダーニュートラルビューティ!【世界の美容事情トレンドニュース】

 09/04/2019

1つ目は、Alder New York。ニューヨークのブルックリン初のスキンケア、ヘアケアライン。11年ほど美容やデザイン業界で働いてきた2人の友人同士が一緒に、ジェンダーレスなブランドを立ち上げました。人気なのは、フェイスマスク、マッサージ用のツール、フェイスオイルです。https://aldernewyork.com

 

2つ目は、Non Gender Specific。2018年に立ち上げたばかりのブランド。このブランドのオーナーは、今まで化粧品やスキンケアブランドが男性用、女性用に分かれていることにいつも疑問を感じていました。そこで性別に関係なく、ミニマルで効果のあるブランドを作りたいという気持ちからこのブランドを発表。人気なのは、クレンザー、美容液と、フレグランスです。https://www.nongenderspecific.com

 

3つ目はFluide。ジェンダーレスブランドはミニマルな印象を与えますが、このブランドは、メイクアップグッズの色もカラフル、リップ系、アイメイク、ネイルなど、性別にとらわれず思いっきり自分を表現できるよう、種類が豊富です。またネイルの種類に限っては、LGBTQのコミュニティ向けの特別用語で名前がつけられています。人気アイテムはリップグロス、ネイル、グリッターです。https://www.fluide.us

 

4つ目は、Panacea。韓国美容に影響を受けているジェンダーニュートラルライン。シンプルなお手入れ方法の効果を信じているブランドで、クレンザー、モイスチャライザー、SPFをベーシックケアとしていて、一番オススメでもあり、人気の商品はデイリーフェイシャルクレンザー、フェイシャルSPF、モイスチャライザーです。https://www.thepanacea.com

 

5つ目は、お馴染みの歌手、リアーナのビューティーライン、Fenty Beauty。彼女のブランドは性別、お肌のタイプ、トーンなどを問わないブランドとして立ち上げていました。特に人気なのは種類の豊富さから、ファンデーションやハイライター。またリップバームも人気です。https://www.fentybeauty.com

 

最後のブランドは、Context。成分にナチュラルなハーブの抽出液やオイルをふんだんに使った、ヘルシーなクリーンビューティブランド。シックな白黒のパッケージにして、性別にとらわれず手にとってもらいたいと願い作られたブランドです。トーナー、チャーコールデトックスマスク、ナイトクリームがトップ人気商品です。https://www.contextskin.com/

 

性別に関係なく、スキンケア商品やメイクアップ商品を気軽に買いたいと望んでいた人も多かったはず。最近、こうして美容マーケットがオープンになってきてることは素晴らしいことですね。

 

 

 

写真・参考サイト:https://www.purewow.com/beauty/unisex-beauty-products

Writer:内田佐知子

 

 

(日刊サン 2019.09.04)


関連記事







その他の記事