旅をしよう! 今からでも遅くない今年の夏休み、人気旅行先は?

 09/04/2017 : 399 Views

シチリア島タオルミナ@PIXTA

 

 

アメリカの学校は既に夏休みが終わって、学校が始まったという学生も多いけれど、日本はまだまだ夏休みモード。旅に出て新しい人と出会い、新しい場所に触れ、新しい自分発見をすることは、私たちにとって必要です。

あのダライ・ラマ14世の「人生で大切な18か条」の項目のひとつにも、「1年に1度は、行ったことのない場所へ行こう」という項目があるのをご存知でしょうか? それは、ずっと同じ場所にいても新しい発見はなく、少しでも新しい場所で新しい知識を得ると、人生が豊かになるからです。  

さあ、まだ夏休みを取っていないという人、ぜひ今まで行ったことない場所を冒険してみては?

早速、今年のおすすめ人気旅行先、そしてアメリカの夏休みのバケーション事情について、ご紹介しましょう。

 

2017年に行くべき国・エリアは?

イタリア 

今年はゴールデンウィークの期間中にシチリア島でサミットが開催され、注目を浴びました。イタリアに行ったことがあるという人でも、シチリア島まで足を延ばす人は意外と少ないのでは? もともとギリシアの植民地だったシチリア島には7つの世界遺産があり、タオルミナや、パレルモなどで遺跡巡りなどをするのがオススメです。

カナダ  

今年、建国150周年を迎えお祝いモードになっているカナダ。今年は全ての国立公園がこのお祝いのため、無料になっています。7月1日の建国記念日は既に終わってしまいましたが、あちこちで1年にわたり様々なイベントが行われているので、大自然を体験しにカナダへ行ってみては?

フィンランド  

北欧の水と湖の国が今年独立100周年を迎えます。夏には音楽フェスティバルも多く開催され、湖畔には美しいお花が咲き乱れます。そして、フィンランドというとムーミン! 6月にはタンペレ美術館にあった「ムーミン谷博物館」が移転し、ムーミン博物館としてタンペレにオープン! 自然を満喫してみては?

香港  

7月に中国への返還20周年を迎えた香港では大型イベントづくし! パレードや美術展などあちこちでお祭りモードです。グルメやショッピングを楽しみながら、伝統行事も今年はたくさん体験できるので、見逃せない!

台湾  

今、日本と台湾を行き来する格安航空会社が増えていて、日本からだったら1万円台で遊びに行ける台湾。食事もおいしいし、人々も親日家が多く、とても温かい気持ちになれる台湾。日本に里帰りしたついでに、ちょっと足を延ばして遊びに行くのも良いかも?

カナディアンロッキー@PIXTA

 

アメリカ人の夏休み世界旅行先ランキング

<1位>ニューヨーク【アメリカ】  

冬が寒いニューヨーク。夏はセントラルパークなどで観光もしやすく、暑くても多くのミュージアムやブロードウェイのショーなどのインドアも大いに楽しめる、夏のニューヨークはアメリカ人に超人気。   

<2位>パリ【フランス】  

夏のパリは過ごしやすいので、大人気。ただ夏は混雑しているのと旅行代金が値上がりするので、ちょっとお高くついてしまう側面も。   

<3位>アムステルダム【オランダ】  

日が長く、季節が一番いい夏は、サイクリングしながら観光したり、運河沿いを散歩したりするのに最適。でもホテルが早めになくなってしまうので、前もって予約を忘れずに。   

<4位>フローレンス(フィレンツェ)【イタリア】  

観光ピークシーズンとはいえ、夏のフローレンスの美しさは極上。ただホテルのレートが高いので、数カ月前に予約をしておくのが安くブッキングできるコツ。   

<5位>バルセロナ【スペイン】  

6月あたりから湿度の高いヨーロッパの国々の観光客でバルセロナは大変賑わいます。ピークシーズンではありますが、スペインのビーチは最高!   

<6位>シンガポール  

マリーナベイの景色は素晴らしく、夏も終わりに近づいてくると、観光ピークも少し衰えてきて行きやすくなります。多少湿度が高いので、ご理解を。   

<7位>バリ【インドネシア】  

夏はドライなシーズンで、過ごしやすい。6月がピークなので、部屋のレートは夏の終わり頃に下がってきます。ビーチだけでなくお寺巡りなどもぜひ。   

<8位>ハンブルグ【ドイツ】

夏はハンブルグが一番美しい時。ローカルも観光客も一斉に街に出てきます。   

<9位>ブエノスアイレス【アルゼンチン】  

1 2 3 4

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事