ハワイ在住者のためのライフプランのお話 No.140【アメリカの年金】

 02/18/2017 : 763 Views

アメリカの年金について

アメリカでは年金の受給資格を得るには10年間働かなくてはなりません。しかし10年に満たないと、今まで社会保障税を支払ってきても年金を受け取ることができませんし、メディケアを受け取れません。つまり40クレジット(10年)以上が必要となります。

年金及び配偶者が受け取る家族年金は62歳から受け取る事もできますが、70歳まで延期することもできます。配偶者が亡くなった場合、遺族に対して、60歳以上であれば遺族年金があります。その他に死亡一時金制度があるので請求ができますが、若くして万が一の事が起き、配偶者が60歳になっていないと、たちまち生活に困ります。そんなときに、ファミリープロテクションとして生命保険が役に立ちます。掛け捨てタイプの定期保険は保険料が安いので、少なくとも60歳までの保障を持っていれば、家族は安心です。

 

私の知人で、夫婦で自営業をしていたケースです。ご主人の収入のみ申告をして、結婚生活が10年足らずで離婚をしました。奥様の年金はすずめの涙程と聞きました。将来何が起きるかわからないので、老後の対策を若い時から計画を立てなくてはなりません。

 

私はベビーブーマーの時期に生まれましたので、満額受給できる年齢は66歳です。

それでは62歳で受け取りを開始したほうが良いのか、或いは66歳か70歳か、皆さんはどのように計画を立てていますか?

 

$1,000が満額受給とした場合、

62歳 75%   $750
66歳 100% $1,000
70歳 132% $1,320

 

(1年で8%増える)

 

年金はあてにならないと考えている方は多いと思いますが、たいした額でなくても、生きている限りもらえるものですから、計画を立て、出来るだけたくさんもらえるよう計画を立てたいものです。

老後の対策として、会社が401Kを提供していれば、一日も早く始めて下さい。もし提供していなければ、個人でIRAかROTH IRAを始めなくては老後が大変なことになります。

何だか良くわからないという方は日本語できちっとした説明を受けて、理解した上で、加入手続きを行いましょう。

 

 

横江和子

親の介護がきっかけで、アメリカの長期介護や年金に興味を持ち、保険のライセンスを取得。配偶者がメディケアのパートDのペナルティーを生涯払い続けることになり、メディケアの分野を習得し、色々なシニアの医療保険会社の資格を取り、皆様のニーズに合ったプランをご紹介しています。

シニア医療保険スペシャリスト 問合せ先:yokoem001@hawaii.rr.com


関連記事







その他の記事