ハワイ在住者のためのライフプランのお話 【パートBの申請時期について】

 08/19/2017 : 695 Views

これからシニアになられる方はいつメディケアのカードを申請したらよいかご存知ですか?  

メディケアにはパートAとパートBがあります。  

 

パートAは10年税金を納めていたら、無料で提供されますので、65歳になったら、申請して下さい。  

抽選で永住権を取得した方や呼び寄せでアメリカに来た方で働いたことがない場合、つまり税金を納めていない方は毎月の保険料は$411かかります。  

 

パートBは皆さんの状況により申請時期が異なっています。  

65歳で仕事を辞める方はその他の医療保険を持っていない場合、お誕生日の3ヵ月前から申請ができますので、メディケアの事務所に電話をして、予約をすることをお勧めします。  

電話で予約をする際、待たされますが、待合室で待たされることなく、手続きができますので、お勧めします。  

その際に永住権保持者と市民権保持者では持参する書類が異なりますので、ご注意下さい。  

用意すべき書類を提出すると通常4~6週間位でカードが届きますが、時期によりますので、どの位かかるかご確認下さい。  

65歳の時に退職をしないで、働き続けた場合、皆さんは退職を決めた時、どのように手続きを取ったら良いかわからない方が多いようです。この場合通常の加入の時期に関係なく、スペシャル加入期間がありますので、  好きな時に退職して手続きをして下さい。  

メディケアカードが届きましたら、このままお財布にしまっていたら、ペナルティがかかることがあります。  

しかしTRICARE FOR LIFEやその他の薬のカバレッジを持っている方は問題ありませんが、  

一般のシニアの方は注意が必要です。ペナルティは一旦かかるとアメリカに住む限り、一生涯払い続けることになりますので、専門家にお尋ね下さい。  

保険会社が運営しているメディケアアドバンテージは一人一つしか選ぶことができませんので、ご自分の健康とご予算に合ったプランをお探し下さい。  

メディケアアドバンテージの加入の時期は10月15日から12月7日です。

(日刊サン 2016/11/30 )

 

横江和子

親の介護がきっかけで、アメリカの長期介護や年金に興味を持ち、保険のライセンスを取得。配偶者がメディケアのパートDのペナルティーを生涯払い続けることになり、メディケアの分野を習得し、色々なシニアの医療保険会社の資格を取り、皆様のニーズに合ったプランをご紹介しています。

シニア医療保険スペシャリスト 問合せ先:yokoem001@hawaii.rr.com


関連記事







その他の記事