ハワイ在住者のためのライフプランのお話【人生の中で保険は どう選択したらよいでしょうか】

 04/20/2018 : 223 Views

いざ保険のことを考えても、何をどう選んだら良いのかわからないのが現状ではないでしょうか。どんな保障がどれくらい必要なのでしょうか?自分の心配事をお金に換算したとき、それを補填するのが、保険です。年齢によって、決められることではなく、家族構成、年収、職業の内容、持ち家があるかどうかなどによって、心配事はかなり違ってくると思われます。  

 

結婚して扶養家族が増えたり、子供ができたり、家を買ってローンを組んだり、リファイナンスをしたり、仕事で独立した時などは人生の節目となります。状況はいろいろ変わりますので、定期的に保険の見直しをお勧めします。現在独身の方はどんな保障が必要でしょうか?自分の病気や怪我などに対する治療費やその際に失う収入、長期介護それに加えて、万が一のときに、周りの人に迷惑をかけたくないという人は、葬儀代やローンをなどの返済資金が必要です。近々結婚する方はどんな保障が必要でしょうか?葬儀代やローンといった死亡整理資金に加えて、配偶者の生活費など。ジョイントでモゲッジローンを組むのでしたら、万が一のため、ローンが返済できるように保険に加入しておくと安心ですね。

 

子供ができたら何を準備したら良いでしょうか? 教育費や子供の生活費としての保険が必要です。なるべく早く少しずつ準備すると楽でしょう。子供が将来独立したら、考えることは何でしょう。老後の医療費、介護費用、生活費などの準備が必要です。人生の節目で心配事が増えたら、そのつど見直しをお勧めします。50歳の健康体の方が30年間の掛け捨てタイプの定期保険に加入した際、保障額$100,000の場合、毎月の保険料は男性で$47.82、女性で$35.78です。日本と比較して、かなり安く加入できますので、忙しさに流され、まだ加入していない方は健康なうちに残される家族の為にぜひご検討ください。病気はある日突然襲ってきますので、手遅れにならないよう、後悔のないよう将来の計画を立ててください。

(日刊サン 2018.04.20)

 

横江和子

親の介護がきっかけで、アメリカの長期介護や年金に興味を持ち、保険のライセンスを取得。配偶者がメディケアのパートDのペナルティーを生涯払い続けることになり、メディケアの分野を習得し、色々なシニアの医療保険会社の資格を取り、皆様のニーズに合ったプランをご紹介しています。

 

シニア医療保険スペシャリスト

問合せ先:yokoem001@hawaii.rr.com

 

 


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事