ハワイ在住者のためのライフプランのお話【メディケア・アドバンテージに 付いている薬について】

 04/13/2018 : 217 Views

メディケアテンアドバンテージ(パートC)に加入している方のほとんどの方は、薬付きのプランに加入していることでしょう。

 

しかし薬の付いていないプランもありますので、加入の際、お気を付けください。 以下はよくお受けする質問です。

 

●薬付きプランに加入しているが、薬がカバーされていないようで$400位請求された。

 

●8月~10月頃、今までお手頃の薬代だったが、急に値上がりして$150位請求された。

皆さんは何故かおわかりですか?薬付きプランを見てみましょう。大きく分けると4つのステージがあります。

①ディダクタブル(自己負担分)

皆さんが加入しているプランによりますが、一般的に毎月の保険料が高いプランはディダクタブルがなく、すぐ保険が適用されますが、多くのプランはジェネリック以外の薬の場合、決められた自己負担額まで支払わないと、保険が適用されません。普段薬を取っていない方でも、ドライアイなどの目薬を使用している方はお気を付けください。

 

②イニシャルカバレッジ

薬は段階に分かれていて、ティアと呼ばれ、tier1からtier5のようになっています。数字が大きくなると高い薬代になりますので、経費を節約するにはtier1の薬を処方してもらってください。プランによりますが、tier1或いはtier1&tier2ならディタクタブルが適用されないこともあります。加入の際、ご確認ください。プランがご案内している料金で薬が手に入りますが、お客様が支払った薬代と保険会社が支払った薬代の合計が$3,750に達すると、今までの薬代では手に入らなくなります。

 

③カバレッジギャップあるいはドーナツホール  

$3,750に達するとジェネリックの薬は44%、ブランドの薬は35%になりますので、今まで手頃な薬代がびっくりするような薬代になります。

 

④カタストロフィックカバレッジ  

ご自分で$5,000まで薬代を支払った場合、ジェネリックの薬は$3.35でその他の薬は$8.35で手に入ります。  

 

各プランのスタートは1月1日からです。保険会社から送られてくる明細書をご確認ください。

 

(日刊サン 2018.04.13)

 

 

横江和子

親の介護がきっかけで、アメリカの長期介護や年金に興味を持ち、保険のライセンスを取得。配偶者がメディケアのパートDのペナルティーを生涯払い続けることになり、メディケアの分野を習得し、色々なシニアの医療保険会社の資格を取り、皆様のニーズに合ったプランをご紹介しています。

 

シニア医療保険スペシャリスト

問合せ先:yokoem001@hawaii.rr.com

 

 


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事