JALのコナ空港への直行便、9月に就航

 06/05/2017 : 1074 Views

JALは東京(成田)―ハワイ島コナ間の直行便を9月から7年ぶりに再開する。

ハワイアン航空が昨年12月に羽田―コナ間の路線を開始したのに続き、イゲ知事は報道関係者に、「これにより900以上の雇用と980万ドルの州税を産み出します。この帰還はとても重要です。ハワイ諸島と日本間の重要なルートの再生を表すもので、ハワイ第2の国際空港とアメリカへの入り口としてのコナ空港の発展を強化し、この成長をネイバーアイランドにも多様化させることでハワイの観光経済の継続的なマーケティングの勢いを維持するでしょう」と語った。

JALの大西賢社長は「私たちは最初にコナ空港への直行便サービスを1996年6月に開始し、約15年間運航しました。しかし、経営破綻による事業縮小の影響で2010 年に中止せざるを得なかったが、再び戻ってくると2010年に誓いを立てていました。このルートはハワイの地域経済の発展に貢献し、ハワイ諸島の無数の魅力を推進します」と語った。

この便は9月15日から毎日運航する。


関連記事







その他の記事