HMSAが中小企業の健康保険料を7%値上げ

 08/15/2018 : 346 Views

保険会社ハワイ・メディカル・サービス・アソシエーション(HMSA)の中小企業プランの健康保険料が、平均7%値上げされたことが明らかになった。このプランの影響を受けるのは5400社で、加入者はおよそ5万人。プランの保険料率は毎年7月1日に方針が定まるが、昨年は2.1%の値上げに留まっていた。HMSAの広報担当エリサ・ヤダオ氏は声明で「医療費を抑える最適な方法は、ハワイの中小企業に勤める加入者の健康を改善することです。私達は最大の医師や病院のネットワークへ利便性の高いアクセスと、質の高い予防ケアの保障を提供します」と述べた。保険料率を管理する州の保険課の承認を受けた一部の人は、医療や調剤の保険料が平均よりも高くまたは低くなる。HMSAは73万5000人近い加入者の費用軽減を図り検討を始めると述べた。 ハワイ最大手の保険会社であるHMSAは近年、賛否両論の支払いモデルを開始している。HMSAは診療ごとに定額を払い戻すのではなく、患者の訪問回数や診療タイプによって調整された月額を医師へ払い戻す。さらに健康的な食品やエクササイズへのアクセスを提供するブルー・ゾーンズ・プロジェクトと提携し、ジムの会員費用の給付も開始している。 保険コミッショナーのゴードン・イトウ氏は「7%の保険料の値上げは、持続可能性があるとは言えません。私達は医療コストに影響を与える機関に、保険料は持続可能性のある水準まで下げるべきだと主張していく必要があります。慢性的で医療費が高くなる肥満、糖尿病、肝疾患が増えています。これらを含む慢性的な疾患の増加を予防すれば、医療費は大幅に抑えられるでしょう。人々の健康状態を改善することが重要なのです」と述べた。

 

(日刊サン 2018.08.15)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事