メイヤー・ライト・ホームズ、10億ドルの再開発計画

 10/11/2017

Hawaii Public Housing Authority

 

カリヒにある低収入層向け公営複合住宅のメイヤー・ライト・ホームズの改装計画には、10年間の期間と10億ドルの費用がかかると見積もられている。ハワイ公営住宅公社(HPHA)は、2014年にテキサスを本拠地とする開発業者ハント・コス社を提携業者に選定し、メイヤー・ライトを364の戸建てと2500戸のアパートメントに改装する計画を打ち出した。9月初めに提出した環境評価書の草案で、建設工程表と費用予算や、官民提携を通して15エーカーのメイヤー・ライトの土地を再構築する構想の詳細が明らかになった。

発表された計画では、広範囲に広がる4〜9階建ての中層のビルの上に最大380フィートの高さの4つのタワーをMWHパートナーズ社が建設するとされ、中層の建物には住宅、小売店、食料品店を含む予定。セントラルパーク、コミュニティセンター、屋上レクリエーションスペース、公営幼稚園の設置も構想に含まれている。

 

HPHAエグゼクティブ・ディレクター、ハキム・オワンサフィ氏は、この計画は公的、私的な投資を促進し、公営住宅の革命を起こすと話す。「ハワイ州は現在、低価格住宅の危機にさらされています。この再開発は、知事が掲げる2020年までに10000戸の低価格賃貸住宅を新設するという目標の達成に貢献するだけではありません。時代遅れの住宅計画を、全てのハワイ住民が楽しめる魅力的で効率的な、複数の収入層を交えた複合施設へと変換させます」と、同氏。計画は完成までに第1期~5期が設定されており、各々完了までに2年の期間が見込まれている。第1期は、デザイン決定、許可の取得、開発における合意交渉、公的および私的財源からの資金調達が整った後2019年に開始する予定。

 

様々な収入層を受入れ

メイヤー・ライトの月額家賃は、世帯収入によって127ドル~1877ドルの範囲で定められており、現在の入居者は世帯収入に変更がない限り改装後も家賃は変わらない。メイヤー・ライトから数百メートルの位置に市の鉄道計画の駅が設置されるため、この再開発は公共交通指向型の開発の一例としての役割を担う。より良い設備の低収入層向け住宅の提供と、中間収入層以上の世帯との統合も図っており、2500戸中のおよそ3分の2または1650戸は低~中収入層に割り当てられ、他の850戸は開発およびメンテナンス費用を補う目的で市場価格で設定される。

 

非営利の弁護団体ハワイ・アップルシード・センターのギャビン・ソーントン氏は、この収入層を混合させた住宅モデルを称賛する。「貧困層だけを1カ所に集中させるのは良いアイディアではありません」と同氏。さらに、64年前に建設されたメイヤー・ライトについて「今にも崩壊しそうな建物です。多くの可能性を秘めたこの土地を最大限に生かすべきでしょう」と述べた。メイヤー・ライト・ホームズは1953年に完成し、ホノルルの第5代市長ジョージ・フレデリック・ライト氏に因んで命名された。ここ数十年の間コミュニティは標準よりも高い犯罪や暴力の発生率を記録しており、荒んだ様相を呈していた。

 

(日刊サン 2017. 10. 7)


関連記事



その他の記事