複合コンド、シンフォニーと パシフィカを開発予定

 02/23/2018 : 363 Views

オリバーマクミラン社は現存の不動産の運営を継続する予定。 同社はホノルルのシンフォニーの他にもパシフィカと名付けられた複合施設計画を進行中。

こちらはまだ計画段階だが、ワイキキのクヒオ・アヴェニューにあるクイーン・エマ・ランド社の所有する土地に500戸の市場価格と低価格が混在する賃貸住宅を建築予定。

オリバーマクミラン社のCEOディーン・オリバー氏は「ブルックフィールド・レジデンシャルは私達が40年間築き上げてきた、アメリカとカナダに特別な場所を作り上げるという業務を継続するのに完璧なパートナーです。当社の進歩的な価値、文化、目標はブルックフィールド社と合っていますし、彼らの組織の一部となるのは大変楽しみです」と述べた。

(日刊サン 2018.02.22)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事