ワイキキボートハーバーの 開発業者は解散に

 08/06/2016 : 510 Views

ワイキキとアラモアナの間にある州所有のアラワイスモールボートハーバーの土地再開発を目指していた、Honey Bee USAは連邦倒産法11章により解散手続きとなった。 同社社長のキース・キウチ氏と日本のスポンサーは4年半の歳月と5万ドルを費やしたが、最終的に資金の問題により、その努力を実らせることができなかった。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事