ホノルル鉄道建設計画、 予算不足により修正を迫られる

 06/11/2016 : 368 Views

ホノルル高速輸送局(HART)の取締役会が水曜日に行われ、鉄道建設プロジェクトの建設予算11.4億ドルの不足の問題による今後の可能性について話し合われた。 先月、連邦運輸局の担当者は、この高架鉄道プロジェクトは当初の計画より2倍の費用を要し、完成はさらに5年を要すると話した。HART取締役会の出席者は、国の試算である79.6億ドルのコストと2024年12月の完成について大方同意した。 HARTはこのプロジェクトの歳入を68.3億ドルと試算し、11.4億ドルの赤字となると見込んでいるため、連邦運輸局はHARTに赤字に陥らないための策を検討するように要請した。

 

取締役会で提出された回避策は以下の通り。

・ミドルストリート駅までは建設し、アラモアナ駅まで走行路のみ作る

・ミドルストリート駅までは建設し、その先はバスサービスを運行させる

・ミドルストリート駅までは建設し、高架化はせず地上に線路を引く ・予算が続くところまで建設する

・官民のパートナーシップをすべての駅に対して要請する

・ニミッツまでに計画を変更する

 

最初の3つの案は予算を節約できる可能性が高い。ミドルストリート駅までの建設には62.2億ドル掛かり、チャイナタウン駅までは72.7億ドル、カカアコ駅までは78.2億ドルを要する。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事