スターウッドホテル、 一転してマリオットの再オファーを受け入れへ

 04/02/2016 : 544 Views

スターウッドグループは、先日中国のアンバン・インシュランス・グループが提示した140億ドルのオファーを蹴り、マリオットの136億ドルの再オファーを受け入れる方向であることが分かった。

 

アンバングループはスターウッドが低い方の入札を受け入れることへの驚きとともに、撤退を表明した。

 

マリオットとスターウッドの新しい合意に基づくと、スターウッドの株主は一株あたり21ドルの現金と0.8の普通株を手にすることになる。合併後は、スターウッドの株主は現発行済株式の34%を占める。さらに現在取引が進んでいるVistanaタイムシェア事業から一株あたり5.91ドルも得られる模様。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事