ジェイムスキャンベル子会社、 カポレイの14エーカーの土地を取得

 11/12/2016 : 496 Views

先日、カポレイの514エーカーの土地を、中国系不動産投資会社のオーシャンワイドホールディングスに1億340万ドルで売却したジェイムスキャンベルの子会社が、カポレイのウェットンワイルドウォーターパーク近くの14エーカーの土地を360万ドルで購入した。

 

この土地は商業ゾーンであることから、何らかの施設を建設するものとみられている。ジェイムスキャンベル社は2011年以来、カポレイをホノルル市に次ぐ第2の街にするプロジェクトの主幹開発会社として、積極的に土地の取得を進め、これまでの投資金額は7千万ドルに上っている。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事