カポレイの賃貸住居施設を 建設会社が自社運営へ

 03/18/2017 : 582 Views

不動産会社のフォレストシティハワイは、昨夏から売りに出していた全499戸の居住用賃貸施設のカポレイ・ロフトを自社で運営することに決めた。 同施設は1億4千万ドルを掛けて建設された14の居住用ビルのほか、クラブハウス、プール、フィットネスセンター、ペットスパなどを併設する。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事