カポレイにレジデンスイン・バイ・マリオットを建設へ

 08/16/2017 : 611 Views

ユタ本社のウエスタンステイツロジング社とサケレイガーン社、そしてテキサス本社のアメリカンナショナルインシュランス社は共同でカポレイのダウンタウンそばに 183部屋の「レジデンスイン・バイ・マリオット」の建設用地として3.9エーカーの土地を購入した。

レジデンスインは4階建てで建設費用は6000万ドル。ユタの2社は7階建てのエンバシースイーツ・バイ・ヒルトンを建設しており、こちらは下半期中にオープンする。

どちらのホテルも主にビジネス客と家族向けをターゲットとしている。エンバシースイーツは独立したリビングと寝室を備えていて、レジデンスインはフルキッチンを備えた1週間以上の長期滞在用のホテル。

 

 


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事