コミュニティニュース

ハワイ島3日連続の豪雨に見舞われる

イースト・ハワイ地区は 8月24日、ハリケーン・レーンによる3日連続の豪雨、ハイウェイの浸水、全家庭での停電、ヒロ湾周辺の3つの汚水廃水ポンプ場の汚水漏れに見舞われた。   ヒロ地区のピイホヌアとリード島の数十…

続きを読む

♡グラススキンではなく、今度はグラスヘアーが注目!【世界の美容事情トレンドニュース】

韓国では、グラススキンというまるで鏡のようにツヤツヤのお肌に見せる美容法がとても流行しましたが、今度はその髪の毛バージョンである「グラスヘアー」が流行っています。グラスヘアーとは、髪の毛をツヤツヤに見せるヘアスタイリング…

続きを読む

「スポーツ吹矢」全日本選手権大会 ハワイ代表決定

左からユーン・ケリー氏、齋藤譲一代表、田中カール氏   一般社団法人日本スポーツ吹矢協会ハワイ総支部(代表 齋藤譲一)では、11月に東京で開催される「スポーツ吹矢」全日本選手権大会に出場する代表2名を決定した。…

続きを読む

2カ月の閉鎖を終え ラニカイ・トレイルが再開

ラニカイ・ピルボックス・ハイキング・トレイルが20日、2カ月ぶりに再開した。この人気のトレイルは、コースの途中にある第2次世界大戦時の建築物の改修作業のため6月から閉鎖されていた。 改修された建物は年月ともに老朽化し、安…

続きを読む

「アロハ・ポケ」に、シカゴでデモ行進

商標を主張し類似性のある名前の企業に警告文を送ったアロハ・ポケ社へのデモ行進が、13日にシカゴのビル街で行われた。 「Aloha Poke(アロハ・ポケ)」はシカゴでファーストフードタイプのポケ・レストランを7店舗営業。…

続きを読む

アラ・ワイ・ハーバー 州の計画に市民から批判

ワイキキ近隣委員会のミーティングが13日夜に開催され、アラ・ワイ・スモール・ボート・ハーバーを官民連携で再開発を進めようとする州の決断に市民から批判が集まった。 州の土地自然資源局のボート・海洋レクリエーション課(DOB…

続きを読む

ハワイの総人口の中間年齢が40歳に

ハワイに押し寄せる高齢化の波については耳にしたことがある人も多いだろう。州が発表した最新のデータブックによると、2017年のハワイ州住民の年齢の中央値が40歳となった。つまり人口の半分は40歳以上で、もう半分は40歳以下…

続きを読む

世界の暮らしやすい都市 ホノルルが23位に

エコノミスト誌の調査機関ザ・エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が発表した2018年度の世界住みやすさ指数によると、ホノルル市がアメリカ国内で最も住みやすい都市と評価された。 14日に公表されたデータでは世…

続きを読む

ホノルル警察 ボディカメラの装着開始

ホノルルとチャイナタウンのパトロール警官のユニフォームの一部として13日からボディカメラの装着が開始された。アメリカの大都市と同様、警察と市民の相互のやり取りの透明性を高める狙いがある。 カメラはカラー映像と音声を記録し…

続きを読む

クアロア・ランチ、入場客倍増を目指す

州の環境品質管理事務局が公表した環境評価書によってウィンドワード・オアフの人気観光スポット、クアロア・ランチが1日当たり最大2000人の訪問者数を目指していることが明らかになった。クアロア・ランチは4000エーカーの家族…

続きを読む