Hawaii Five-O 6シーズン 伝統儀式とともにクランクイン

 07/18/2015 : 571 Views

TVドラマのシーズンの始まりにハワイの伝統的祈りの儀式を行うことが、特に今回で6回目ともなるとお決まりの行事となっているようだ。

 

米人気ドラマシリーズ「Hawaii Five-O」のキャストとクルーメンバーが8日水曜日に、ココヘッド小学校の近くで、シーズン6の初回エピソードの撮影で集まった。

主演のアクックス・オローリンは、「こんなに長続きしたショーは初めて。6年で6シーズン目となり、みんなとても楽しみにしてみます。これだけやっていれば、もうどのくらいの仕事量になるかも予測できますし、どうすればうまく楽にできるのかもわかっています」と語った。

 

昨シーズンの終わりから、髭をはやしはじめた彼の今回の最初の任務は、その髭を剃ることだそうだが、木曜日が彼の撮影初日となる。

 

この初日の水曜日は、グレース・パークとイアン・アンソニー・デールのみが収録であったが、伝統儀式を行うために、他のキャストメンバー、ダニエル・デイ・キム、ジョージ・ガルシアやチー・マックブライドも参列した。ハワイ出身の俳優デニス・チュンも参加し、初代「Hawaii Five-O」の脚本家兼プロデューサーであったレオナルド・フリーマンの娘からはメールで、「キャストとクルーメンバーにとって最高のシーズンになることを願っています」というメッセージがあったと伝えた。

 

ダニエル・デイ・キムは、この日ショートパンツにビーチサンダルとカジュアルな格好で参加し、シーズンの間の休みを利用して仕事と旅行をしていたと語った。彼は、世界中12都市を周り、自身の制作会社の基盤を広めるとともに、アトランタでは、「ダイバージェント」の3作目の撮影に臨んだ。

 

6シーズン目となる「Hawaii Five-O」が、さらにファンに気に入ってもらえるように、アクションシーンや、キャラクターの関係性、スティーブとダノの車内の言い合いのシーンなどの内容をもっと探求したいと語っている。

 

昨シーズンの「Hawaii Five-O」では、監督デビューを果たしたが、今回のシーズン6でメガフォンを手にとる予定はないという。

 

「Hawaii Five-O」は、今シーズン25エピソードを収録予定であると、エグゼクティブプロデューサーのピーター・レンコヴは語った。

ワイキキのサンセット・オン・ザ・ビーチで行われるシーズンプレミア試写会とレッドカーペットイベントについてCBSからの正式発表はまだない。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事