B. J. ペン 婦女暴行嫌疑により復帰戦保留

 02/27/2016 : 452 Views

婦女暴行の嫌疑がかけられている総合格闘技家B.J.ペンのUFCチャンピオンシップの復帰戦が保留となった。声明書には、UFCはペンの嫌疑を認識しており、「組織は、UFCで戦うすべてのアスリートは、倫理的そして責任あるマナーをもつことを求めています」と述べた。

 

声明書ではさらに、「UFCは、このポリシーに反するようなことはしません。全アスリートが、適確な審査が行われており、今回の件は、非常に重大な嫌疑であり、独立機関により調査が行われ、UFCにより徹底的に見直されます」と言及している。  「重大な嫌疑により、UFCは、詳細が決まるまで、来るペンの復帰戦の予約を延期する予定です」と決定を発表した。

 

ペン(37歳)は、2014年7月に引退をしたのち、UFCに復帰すると発表し、その復帰戦は3月5日であると語っていた。今週初め、ペンのウェブサイトのライターをしていた元スタッフが、前世界チャンピンが性的暴行をしたと訴えた。  元PJPenn.com編集者のペドロ・アレックス・カラスコさんは、ツイッター上で、ペンの婦女暴行疑惑を公にした。

 

事件が起きたのはハワイ島ヒロだという通報がオハイオ州の警察にあった。従って、ハワイ群警察が今回の事件を扱うことになると予想される。ハワイ群警察はまだオハイオからこの件に関しては何も聞いていないというが、プロセスには数週間かかる模様だ。

 

ハワイ島ヒロ出身のペンは、以前にも法的問題を起こしている。2015年には、マウイ島キヘイで喧嘩をし、第2級暴行罪として逮捕された。2005年には、クラブの外で警察官を殴ったとして、第1級暴行罪で起訴された。声明書には、UFCは、いかなる法的調査にも協力すると述べた。

 

「有罪と証明されるまで、ペンは無罪であると信じており、今回の事件に関して早急な決断をしないことが大事であると思っています」


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事