A&B社、カポレイで倉庫所有を拡大

 04/22/2019

ホノルルに本拠を置く不動産投資信託会社のアレキザンダー&ボールドウィン社(A&B)は4月8日の声明で、3月にオープンした9万3千平方フィートの複合倉庫施設カポレイ・エンタープライズ・センターを2千650万ドルで買収し、電化製品小売のベスト・バイと現地の流通会社ハワイ・トランスファー社にリースしたと発表した。

 

同社は、23万8千300平方フィートの倉庫スペースを含むカポレイの35エーカーのコモハナ工業団地を所有しており、この倉庫団地購入によりカポレイでの工業団地所有を拡大した。 A&B社は今年初め、引越国内大手のコーヴァン社が大半を賃貸しているカポレイの15万平方フィートの倉庫を4千万ドルで買収している。

 

この最近の2件の買収の資金は、12月にマウイの4万1千エーカーの農地を売却した2億6千200万ドルから賄われた。

 

(日刊サン 2019.04.20)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事