4月は『ハワイ・フードバンク・マンス』寄付を募集中 2017年4月5日(水)

 04/05/2017 : 496 Views

第28回フード・ドライブを控え、ホノルル市・郡は4月をハワイ・フードバンク・マンスと制定した。ホノルル市長カーク・コルドウェル氏が5日ホノルルハレで式典を開き、ハワイフードバンク代表でCEOのジェラルド・シンタク氏が列席する中、宣言した。

この宣言によって食料を必要としている約30万人分の食品がハワイフードバンクへ寄付されるよう奨励する。 宣言式の後、コルドウェル市長と市長の顧問団、市の職員、ハワイフードバンクの代表達は、市の消防車に寄付する保存食品を積み込んだ。ハワイ州では約28万7千人がハワイフードバンクの支援を受けている。

2016年には1370万ポンドもの保存食品、非保存性食品、生鮮食品の寄付があった。ハワイ・フードバンクに貢献する方法は、募金をしたりマッチングギフト(企業等が構成員に募金を募り合計額と同額を企業が上乗せして募金する仕組み)を行ったり、フード・ドライブや募金集めの企画、保存食品の寄付等がある。

最も寄付が求められている食品は、缶詰の肉やマグロなどのたんぱく源、シチューやスパゲティ、チリの缶詰、野菜の缶詰、果物の缶詰、お米。

フード・ドライブの詳細な情報はhttp://www.hawaiifoodbank.org /food-driveから。


関連記事







その他の記事