28,666人が路上を駆けた 第44回ホノルルマラソン

 12/17/2016 : 1416 Views

11日日曜日に開催された第44回ホノルルマラソンに28,666人が参加し競い合った。 午前5時に精鋭ランナー達による第一集団が花火の打ち上げとともにスタートした。 26.2mileのコースはアラモアナブルバードから始まり、ダウンタウンを周り、ワイキキ、ダイアモンドヘッド、ハワイカイへ向かい、カピオラニパークのゴールラインへ戻ってくる。

 

主要な道路の閉鎖は午前12時30分に開始し午後まで続いた。 ランナーの中には、ホノルルマラソンは多数のマラソンに参加しているうちの一つだという人もいる。 例えばシアトルから来たローマン・リボヴさんは13のマラソンを走破している。「後からやってくる痛みが動機になる事はありませんが、達成感がやみつきになります」と語った。 ランナーの中には初めてコースに挑むという人も。

 

「ハイビスカスハーフマラソンに参加して良い感触だったので、次の一歩を踏み出そうと思いこれに参加します」とホノルル在住のジェシカ・レインハルトさんは述べた。 「足がかりの一つです。私達はまず5キロに挑戦し、次に10キロ、そしてハーフマラソン。挑戦を楽しんでいます」ともう一人の初参加者アリソン・シーリングさん 男性参加者の1位は2時間9分37秒という新記録を達成したケニア出身のローレンス・チェロノさん。

 

28歳の彼は、2004年のジミー・ムインディさんの記録2時間11分12秒を破った。 女性参加者の1位は、ケニア出身のブリジッド・コスゲイさんで、記録は2時間31分10秒だった。 ホノルルマラソンは全米の4大マラソンの一つで、世界クラスのランナー達が集う。組織運営者は、1973年にこのマラソンが創設されてから合計700,000人以上が完走していると話した。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事