2019年の全米市長会議 ワイキキで開催

 03/23/2018 : 738 Views

ジョン・F・ケネディ大統領がスピーチを行った1963年から50年以上の時を経て、再びワイキキで全米市長会議が開催されることが決まった。

 

1932年から毎年開催されているこの会議は、人口3万人以上を抱える自治体のリーダー1400人で構成され、1月にワシントンD.C.で、その後6月にホスト・シティで開催される。今年のホスト・シティはボストン。第87回となる2019年の全米市長会議は、6月28日から7月1日までヒルトン・ハワイアン・ビレッジで開催予定。およそ300人の市長とその家族やスタッフ、講演者ら1000~1500人がホノルルを訪れる。25のスイート客室や700室のホテル客室、会議室等の予約に基づいて算出されたハワイ経済にもたらされる利益は、およそ300万ドルと見積もられている。

(日刊サン 2018.03.23)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事