食料品店でキス後逮捕された 同性愛者カップル8万ドルの示談金

 05/28/2016 : 564 Views

レズビアンのカップルが、ノースショアの食料品店でキスをして逮捕されたことで訴訟を起こし、市と8万ドルの示談金で和解した。 ロサンゼルス在住のコートニー・ウィルソンさんとテイラー・グエレロさんは、昨春ププケアのフードランドで、公衆の面前で愛情表現をしたことで、ホノルル警察官が2人を殴打し逮捕したと述べた。女性たちは、警察官を暴行罪で起訴したが、最終的には店の監視ビデオが消失したことを受け、検察側が起訴を取り下げた。

 

今回の示談は、女性たちがホノルル警察を起訴してちょうど7ヶ月目に発表となった。 この示談金の代わりに、市や暴行を加えたボビー・ハリソン警察官に対する訴えを取り下げた。 金曜日の法廷では、ウィルソンさんはカリフォルニアから電話で裁判に参加し、判決に同意した。

 

公聴会後、ウィルソンさんは、「正直言って、私たち2人とも一体何を得ることになるのかわかりません」と電話インタビューで語った。「これはお金の問題ではないのです。私たちは償いをしてもらいたかったのですが、多かれ少なかれハリソン警察官には、自らの行動により起こった反響を胸に、反省して欲しかったのです」 ホノルル警察は、申し立てに基づいて内部調査を行ったが、ハリソン警察官を懲戒免職としたかは言及していない。勤務歴26年というベテラン警察官は、起訴をされた2ヶ月後に定年退職した。

 

この間に、ウィルソンさんとグエレロさんは離別したという。しかし、2人とも今回のことが他の人たちにとっていい教訓になることを望んでいる。 「今回大きく取り上げられたことによって、これを見た人たちに、私たちの人権を守るために立ち上がってもいいのだというのと、『好ましくない』という理由で、あの様な偏狭な行動をとられることに寛容になる必要はない、というインスピレーションを与えられたことを望みます」と述べた。

 

市の弁護団は、今回の件についてのコメントは拒否したが、声明文では今回の示談は「市の利益を最優先した」結果と述べている。 この示談はさらに、市議会による承認が必要となる。早くとも7月には承認される予定である。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事